平成28年度 病院指標

データ対象期間 平成28年4月~平成29年3月

対象患者(全体)
◇一般病棟に入院した患者が対象です。  
◇臓器移植、労災、自賠責(交通事故)、治験、先進医療、自費等の患者は対象外です。
◇10未満の数値の場合は、個人情報保護の観点から-(ハイフン)にて表示をしています。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード  
入院日における年齢です。10歳刻みの年齢階級別に表示しています。

◇ただし、90歳以上の年齢階級は1つの階級に設定しています。
        
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1974 892 866 1518 2167 2725 5567 4282 1734 125
当院では、0歳児から高齢者までの幅広い年齢層の患者さんを診療しています。
平成28度では、平成27年度より115名少ない、21,850名の患者さんが退院されました。
一番多いのは60歳代の患者さんで5,567名、2番目に多いのは70歳代で4,282名となっています。
また、10歳未満については、低出生体重児の患者さんをはじめ、総合周産期母子医療センターや小児医療センターを中心に幅広い患者さんを受入れております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
各診療科別に患者数の多いDPC(*1)14桁分類について、DPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、解説を表示しています。

◇診断群分類点数表に基づき算定した患者が対象です。


*1 D P C :
Diagnosis Procedure Combination(診断群分類)、専門家による臨床的観点からの検討と調査参加病院から収集したデータに基づき開発された、日本独自の分類です。
        
血液・腫瘍・心血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 63 6.5 5.51 0.0% 59.4
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 45 4.7 4.71
0.0% 73.0
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2:2あり 36 42.5 41.96 8.3% 43.5
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 32 5.2 6.03 3.1% 74.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 31 3.1 3.06 0.0% 67.6
当科では、急性白血病に対し、抗がん剤治療や造血幹細胞移植を多く行っています。心血管グループでは、不整脈(心房細動や頻拍症など)や狭心症などの冠動脈の病変、心臓弁膜症に対するカテーテル治療を行っています。
免疫・膠原病・感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 70 15.6 17.77 1.9% 53.1
070560xx99x7xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:7あり 35 5.3 6.66 0.0% 48.0
130140xxxxxxxx 造血器疾患(その他) 29 3.0 16.76 0.0% 56.8
100370xx99x0xx アミロイドーシス 手術なし 手術・処置等2:なし 26 1.8 12.80 0.0% 45.9
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 18 8.4 5.51 5.6% 60.3
当科では、自己免疫性疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症など)に対し、免疫抑制剤や生物学的製剤を用いた治療を多く行っています。
消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2:なし 95 16.8 9.02 1.1% 71.1
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 39 9.7 10.71 0.0% 64.5
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 25 10.0 7.44 0.0% 57.0
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病:なし 21 9.6 2.72 0.0% 59.9
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2:なし 20 11.6 9.22 0.0% 37.6
当科では食道から大腸にいたるまでの全ての消化管にみられる病気の診断と治療を行っています。がんや悪性リンパ腫を中心とする消化管腫瘍については的確な診断と治療選択を心がけ、ポリープや早期がんに対する内視鏡治療も数多く行っています。クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患についても数多くの患者さんの診療を担当し、最新治療を含めた幅広い治療経験を有しています。必要に応じて消化器外科とも連携をとり、個々の患者さんに最適な治療選択を行っています。
腎・高血圧・脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 69 15.7 12.84 8.7% 66.0
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 28 16.6 8.87 0.0% 64.5
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 20 20.5 14.77 5.0% 61.1
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:あり 定義副傷病:なし 20 18.1 7.58 0.0% 46.1
010070xx99020x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 定義副傷病:なし 18 10.4 5.74 0.0% 64.3
当科では主に、腎臓疾患・脳卒中などの血管疾患およびそのリスクとなる糖尿病・高血圧などの生活習慣病の診療を行っています。腎臓疾患については、検尿異常から透析・腎移植に至るまで、あらゆる疾患を対象に診療を行っています。脳卒中に対しては、脳卒中ホットラインを立ち上げて24時間体制で脳卒中急患に対応しています。高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療は長期間に及ぶため、患者さんに治療の必要性を納得していただき、生活の質を重視した診療を行っています。
内分泌代謝・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 73 19.2 6.12 0.0% 55.7
100180xx04x0xx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 腹腔鏡下副腎摘出術等 手術・処置等2:なし 19 18.8 11.34 0.0% 55.0
100180xx99001x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:あり 18 19.6 10.16 0.0% 64.2
100220xx99xxxx 原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺腫瘍 手術なし 16 20.0 12.09 0.0% 63.8
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 85歳未満 16 19.3 14.61 0.0% 55.8
糖尿病、肥満症、骨粗鬆症などの生活習慣病や、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌機能(ホルモン)異常を中心に診療を行っています。また、疾患に伴う様々な合併症の予防や治療も含めた包括的な医療を提供しています。
肝臓・膵臓・胆道内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 53 19.8 11.74 1.9% 69.8
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 44 15.3 11.06 2.3% 68.8
060360xx99x0xx 慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 手術なし 手術・処置等2:なし 30 15.0 9.12 0.0% 59.8
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:6あり 30 25.0 12.36 0.0% 65.8
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 27 11.4 14.75 0.0% 65.5
肝臓、膵臓、胆道の悪性及び良性腫瘍の診断と治療を中心に診療を行っています。また、急性および慢性の肝炎や膵炎など腫瘍以外の疾患を含めて総合的に幅広い診療を行っています。特に地域の医療機関では専門医が限られています膵内分泌腫瘍や劇症肝炎の診療が充実している点は当科の特徴です。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他) 手術・処置等2:なし 36 77.3 28.60 0.0% 26.0
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 24 51.8 20.63 4.2% 51.8
010300xxxxxxxx 睡眠障害 - - 4.34 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.44 - -
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 4.71 - -
当科では摂食障害、ストレスが関連する病気や体の症状に対して、患者様の身体的要因のみでなく、心理面や社会的状況などにも配慮した総合的な診療を行っております。医師、看護師、臨床心理士を中心に、その他の専門職種とも連携を取りながらチーム医療を実践しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 36 18.8 13.92 8.3% 41.6
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 36 20.7 18.04 8.3% 54.4
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2:4あり 26 26.0 20.62 11.5% 45.9
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2:あり 定義副傷病:なし 17 29.8 17.57 5.9% 61.2
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 15 31.7 14.14 6.7% 68.6
当科は体の免疫システムが神経系に障害を与えて起こる神経免疫疾患の診療を得意としています。そのため中枢神経の脱髄疾患である多発性硬化症や視神経脊髄炎、末梢神経の脱髄疾患である免疫介在性・炎症性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)、脳炎などの入院患者さんが多くなっており、これらの患者さんに対して免疫グロブリン大量療法や血漿交換といった免疫療法や生物学的製剤による治療を行っています。また、診断の難しい神経障害が徐々に進行する難病についても、入院の上で詳しい検査を行い、診断の上適切な治療を導入しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 238 5.0 5.51 2.9% 61.1
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 100 6.4 4.71 2.0% 69.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 91 3.7 3.06 2.2% 69.4
04026xxx01x0xx 肺高血圧性疾患 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2:なし 88 5.3 8.53 0.0% 62.3
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 75 8.5 6.03 9.3% 73.6
循環器内科では、冠動脈疾患を含む虚血性心血管疾患、心不全、不整脈、弁膜症を含む構造的心疾患、肺高血圧症、成人先天性心疾患の6大循環器疾患群について専門的に診療を行っています。冠動脈インターベンション、不整脈に対する経皮的カテーテルアブレーション、重症心不全に対する補助人工心臓治療及び心臓移植、肺高血圧、弁膜症、先天性心疾患に対するカテーテル治療を目的とした入院が多くを占めます。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 251 4.6 3.68 0.4% 68.8
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 143 12.1 12.35 3.5% 64.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2:なし 66 15.1 19.92 7.6% 69.5
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 42 15.0 14.83 19.0% 68.0
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:5あり 33 24.5 19.24 0.0% 67.8
肺癌は診断のための検査入院と治療(主に薬物療法)のための入院があります。大学病院は合併症などがある複雑な患者さんも多いですが、外科や放射線科と連携を取り、最適な医療を提供しています。また臨床試験や治験にも積極的に取り組んでおり最新の治療を行っております。
間質性肺炎は、薬剤の副作用や全身疾患に伴うものなど原因が明らかなもの、あるいは原因不明の難病である特発性間質性肺炎など、種類が多いのが特徴です。免疫抑制薬や抗線維化薬など特殊な薬剤を用いた治療を行いますので、副作用の管理も重要であり綿密な診療を行っています。肺癌、間質性肺炎ともに前年度と比較し入院患者は増加傾向にあります。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 14 21.7 17.77 0.0% 62.3
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2:なし 13 28.7 14.52 0.0% 57.1
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 13 26.5 11.74 0.0% 75.0
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2:なし 12 31.3 21.81 25.0% 46.3
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 11 19.4 10.33 9.1% 73.8
総合診療科では、不明熱や関節痛などの原因精査の結果、血管炎や関節リウマチなどの自己免疫性疾患と診断された患者さんが多い傾向にあります。また、ウイルス肝炎等の慢性肝疾患に合併した肝癌の患者さんも多く入院されます。感染症の中では、HIV/AIDSの診療を行っており、肺炎等の重症感染症や腫瘍の発症のため入院される患者さんも多い傾向があります。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 15 4.1 7.52 0.0% 4.3
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2:なし 11 2.8 3.95 0.0% 3
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.12 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2:なし - - 4.19 - -
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病:なし - - 5.33 - -
当救命救急センターでは小児救命救急センターを併設しています。交通外傷や災害時での重症外傷(頭部外傷、顔面口腔外傷、耳鼻外傷、胸腹部外傷、骨盤外傷)について、大学病院という高い専門性をもった外傷チームにて診療にあたっています。小児から大人まですべての診療科に対応しており、年間延べ例の重症外傷に次救急病院として対応しています。また、小児の重症なけいれんや意識障害に対しても、他院では対応できない患者の受け入れを九州全域から広く受け入れています。
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 399 6.4 5.12 0.8% 58.4
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 定義副傷病:なし 136 5.8 4.92 0.0% 60.0
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 94 17.3 13.29 0.0% 49.7
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 83 7.4 4.84 0.0% 60.3
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:7あり 定義副傷病:なし 62 6.3 4.73 0.0% 61.2
当科では婦人科臓器(子宮、卵巣など)の悪性腫瘍の治療を多く行っています。手術のみで治療が終了することもありますが、術後に抗がん剤治療が必要なこともあります。また再発した場合も抗がん剤治療がよく行われます。抗がん剤治療は入退院の繰り返しで行うことが多いため、当科には抗がん剤治療目的で多くの患者さんが入院しています。
総合周産期母子医療センター(母性胎児)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 50 9.4 9.88 0.0% 32.8
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2:なし 38 15.1 20.79 10.5% 32.3
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 34 9.3 6.86 11.8% 31.7
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 29 10.4 9.77 3.4% 33.2
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 29 2.7 6.18 3.4% 0
当科ではハイリスク妊娠を多く取り扱っているため、帝王切開分娩目的で多くの妊婦さんが入院しています。また切迫早産、切迫流産の治療のため長期間入院している妊婦さんも多くいます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2:2あり 66 27.8 41.96 0.0% 5.6
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2:2あり 59 7.5 13.96 0.0% 6.9
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 46 2.4 7.65 0.0% 7.9
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 40 3.1 4.39 0.0% 5.2
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2:4あり 27 8.8 17.48 0.0% 13.5
九州で唯一の小児がん拠点病院として、多くの小児がん患者の入院治療を行っています。関連する多くの診療科と協力して、抗がん剤による治療だけでなく造血幹細胞移植も行っています。先天性心疾患の治療過程では、手術前後にカテーテル検査を行います。小児で発症頻度が増加している炎症性腸疾患に対して生物学的製剤を用いた治療を行っています。
外科(消化管外科(1)、胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科、呼吸器外科(1)、乳腺外科(1)、内分泌外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 81 8.0 11.06 4.9% 73.4
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 55 27.9 24.96 7.3% 62.9
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2:なし 51 7.9 6.59 5.9% 58.6
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2:なし 47 11.6 10.30 0.0% 60.5
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 45 14.0 17.65 2.2% 66.9
第一外科では肝臓・胆道・膵臓疾患を中心に、消化管・乳腺・肺・縦隔・甲状腺内分泌疾患の外科治療を行っております。多くは癌を中心とした悪性腫瘍ですが、胆石や炎症性腸疾患などの良性疾患にも対応しております。いずれの疾患においても、患者さんの体への負担が少ない鏡視下手術を積極的に行っております。また1型糖尿病や慢性腎不全に対する膵臓移植・腎移植を数多く行っております。
外科(消化管外科(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、乳腺外科(2)、血管外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2:なし 155 13.1 12.73 5.2% 68.4
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 92 5.1 9.93 2.2% 59.1
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 78 10.0 9.82 6.4% 64.8
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2:1あり 48 22.2 20.56 4.2% 68.5
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2:なし 45 9.2 10.30 2.2% 58.2
当科では、消化器疾患(食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肝臓・胆道・膵臓、肝移植)、呼吸器疾患、乳腺疾患、血管疾患と幅広い疾患に対して診療を行っています。特徴として各チームと連携して総合的なチーム医療を行えるような体制を施行していることです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 197 25.3 24.42 42.1% 64.5
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2:3あり 100 4.6 10.19 1.0% 53.8
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 25.6 26.26 57.1% 76.0
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 79 8.9 10.14 2.5% 64.9
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 49 18.1 11.91 4.1% 31.8
当科では、関節疾患や脊椎疾患から悪性骨軟部腫瘍に至るまで幅広い疾患に対して診療を行っています。中でも股関節痛や膝関節痛の原因となる変形性股関節症や変形性膝関節症でお困りの患者さんを多く診療しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:2あり 39 6.4 5.52 5.1% 45.2
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 35 5.5 3.20 0.0% 58.9
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 31 22.4 22.47 3.2% 54.7
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 24 7.5 11.54 8.3% 52.7
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等2:なし 手術・処置等1:なし 19 18.6 17.77 0.0% 48.2
当科では、脳血管障害、脳腫瘍、てんかん、小児脳外科等の幅広い疾患に対応し診療しています。特に外科的治療については手術前に十分な検討ができるように、脳血管撮影やPET、MRIなどの様々検査をまずは検査入院で行なっています。これらの情報をもとに、カテーテルと外科手術を融合させたハイブリット治療を用いた脳動脈瘤、遺伝子解析を元に治療する悪性脳腫瘍、3D内視鏡を用いて治療する良性脳腫瘍という最先端の技術にて患者さんのニーズに合った治療を行なっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 86 22.4 24.70 29.1% 64.3
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1:なし、1,3あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 52 10.3 11.38 5.8% 73.2
050080xx9701xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1:なし、1あり 手術・処置等2:1あり 41 20.0 23.73 31.7% 84.3
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2:なし 28 29.6 25.84 0.0% 7.8
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 16 15.1 16.98 6.3% 74.9
心臓血管外科では、生まれたばかりのこどもから高齢者まで、幅広い年代に対して、様々な種類の心臓および大血管の手術を行っています。高齢者の増加とともに、心臓弁膜症手術、特に大動脈弁狭窄症が増加しています。成人先天性心疾患再手術は九州全域から患者さんを紹介されています。その他、重症心不全に対する植込み型補助人工心臓や心臓移植手術、大動脈瘤に対する人工血管置換術やステントグラフト手術も数多く行っています。
小児外科、成育外科、小腸移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 115 2.1 7.65 0.0% 5.7
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 28 2.8 7.44 0.0% 9.6
060200xx01xxxx 腸重積 腸重積症整復術 非観血的なもの 22 2.6 3.15 0.0% 1.5
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 6.4 5.60 0.0% 9.1
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 18 3.0 3.29 0.0% 2.9
小児外科では原則新生児から15才までの患者さんの治療を担当しますが、胆道閉鎖症などの乳児期に治療を行ったのち成人期までフォローを行う患者さんもいます。ソケイヘルニア、急性虫垂炎などの日常疾患、鎖肛などの新生児外科疾患に対する手術入院や、全身麻酔下の内視鏡検査入院のほか、他科との連携により術後の全身管理を担当することもあります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 17 6.4 5.80 0.0% 26.5
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 13 13.7 10.00 15.4% 61.8
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1:なし 11 5.5 6.19 0.0% 48.3
140190xx97xxxx 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖 手術あり - - 12.33 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
当科では救命救急センターの協力の元に、顔面損傷の治療を積極的に行なっています。また、婦人科腫瘍切除の際に行われるリンパ節郭清の合併症であるリンパ浮腫の外科的治療(リンパ管細静脈吻合)に、重点的に取り組んでいます。
先端医工学診療部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100120xx97xxxx 肥満症 手術あり 41 10.0 18.79 0.0% 44.5
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.44 - -
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 9.40 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.57 - -

『病的肥満症』に対する外科的治療は、胃の外側部分を2/3ほど切り取り、バナナ1本分ほどの細長い形状にする治療法です。手術は腹腔鏡下で行うため、腹部を大きく切開する必要はなく、通常は2時間ほどで終了します。手術後は胃が細く小さくなり食べた物を貯留する能力がなくなります。また、胃の外側部分からは、食欲を増進させるホルモンが分泌されており、その部分を手術で切除することにより、食欲が低下し、食物の嗜好が変わります。現在当科では年間 40例のペースで行っています。また最近では、術後に腸内細菌叢を健全化する、食事指導を兼ねて行っており、よりよい効果が得られております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1:なし 66 4.1 4.28 0.0% 42.8
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 52 9.4 8.78 0.0% 72.3
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2:3あり 27 6.4 10.19 0.0% 67.1
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1:なし 23 4.3 4.19 0.0% 10.8
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 22 13.2 14.87 4.5% 65.0
皮膚科では悪性黒色腫(メラノーマ)、有棘細胞癌、基底細胞癌などの悪性腫瘍の手術や化学療法、免疫療法に力を入れています。また良性腫瘍、先天性の母斑の患者さんも多く受け入れています。
泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 91 14.6 13.39 0.0% 66.4
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 定義副傷病:なし 77 8.6 7.85 1.3% 73.0
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2:なし 手術・処置等1:なし 37 9.0 7.44 0.0% 70.1
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 36 16.4 12.52 5.6% 67.2
110080xx9906xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:6あり 31 7.2 4.27 0.0% 67.5
泌尿器科は悪性腫瘍(癌)の手術のために入院する患者さんが多く、前立腺癌、膀胱癌、腎細胞癌・腎盂尿管癌が多数を占めます。いずれの疾患においても、患者さんの体への負担が少ないロボット手術や内視鏡手術を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 156 9.6 10.53 0.0% 50.9
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 135 15.3 9.15 0.7% 63.7
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 54 12.1 7.72 0.0% 70.2
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2:なし 52 8.8 3.44 0.0% 67.5
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 37 8.4 6.76 0.0% 53.0
眼科では緊急に手術が必要な重症の網膜剥離患者さんを多数受け入れ、迅速な検査・診断から速やかな手術治療を行っております。糖尿病網膜症や黄斑疾患等、様々な網膜硝子体疾患の患者さんが集まって来られて、大変多くの診療実績があります。また緑内障治療においては多様なの術式から患者さんに合わせて最適な手術療法を行っております。高齢化に伴い患者さんが増えている、眼瞼下垂などの眼形成や鼻涙管閉塞症などの涙道疾患、眼瞼や眼窩内腫瘍など様々な疾患に至るまで幅広く対応しております。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 67 9.6 7.75 0.0% 52.8
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他) 手術あり 58 5.3 8.99 0.0% 17.5
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 52 7.1 9.36 0.0% 48.1
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 47 13.0 14.06 4.3% 62.1
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:3あり 39 73.8 37.93 5.1% 61.3
高齢化に伴い頭頸部の腫瘍、とくに頭頸部悪性腫瘍の患者数は増加傾向にあります。九州大学病院では頭頸部悪性腫瘍に対し手術、放射線治療、化学療法(分子標的薬治療を含む)を組み合わせる集学的治療に力を入れています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:2あり 85 12.4 6.56 0.0% 55.6
100020xx99x5xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 71 12.7 8.89 0.0% 51.3
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:3あり 定義副傷病:なし 50 22.6 9.60 6.0% 63.5
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 45 14.7 12.52 2.2% 67.4
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2:2あり 27 25.9 24.03 22.2% 65.9
当科では甲状腺癌に対するヨード内服療法、脳や骨等悪性腫瘍に対する放射線治療、腎細胞癌に対する画像誘導下の冷凍凝固療法などを主に施行しています。放射線科としては病棟も多く、放射線治療や画像下治療(IVR)、内視鏡的治療など、患者さんの体への負担の少ない治療を目指しています。治療患者数も全体として徐々に増加しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 198 43 19 63 15 105 1 7
大腸癌 119 57 110 71 10 155 2 7
乳癌 166 113 25 9 6 48 1 7
肺癌 127 53 84 121 69 320 1 7
肝癌 12 46 22 19 21 224 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、全入院患者の約40%ががん患者さんです。このうち、5大癌の初発症例をステージ別に示しています。全ての臓器で初期のがんから進行期のがんまで幅広く診療・治療を行っています。また再発症例の治療も積極的に行っています。病期分類の基準とその版数は、「平成28年度 DPC導入の影響評価に係る調査」に従って示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
成人の市中肺炎(*1)につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。

◇重症度分類は、A-DROPスコア(*2)を使用しています。
◇重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

*1 市中肺炎:通常の社会生活を送っている中で発症した肺炎です。
  通常はインフルエンザ等によるものも含みますが、本指標では対象外としています。
*2 5つのチェック項目の頭文字をつなげたものである。
  A-DROPスコア    
    Age(年齢)・・・男性70歳以上、女性75歳以上
    Dehydratuon(脱水)・・・BUN21mg/dL以上または脱水あり
    Respiration(酸素飽和度)・・・SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
    Orientation(意識障害)・・・意識障害あり
    Pressure(収縮期血圧)・・・収縮期血圧90mmHg以下
      
    ※1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点(5点満点)
    軽症   :上記指標のいずれも該当しないもの
    中等度 :上記指標の1つまたは2つ該当するもの
    重症   :上記指標の3つ該当するもの
    超重症 :上記指標の4つまたは5つ該当するもの(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)
    不明   :重症度分類の各因子が1つでも不明な場合
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 49 14.5 56.4
中等症 96 19.5 66.3
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎はわが国の死因の第3位を占めており、高齢者での死亡が増加しています。当院は特定機能病院であるため、合併症を抱えた患者さんや重症な患者さんに対して他科と共同して高度な医療を提供することが可能です。前年度と比較し入院患者は増加傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表示しています。

ICD10とは、International Statistical Classification of Diseases Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際疾病分類)のことで、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 41 23.8 61.3 29.3%
その他 23 16.3 64.3 13.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 49 12.0 70.0 6.1%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 41 11.0 31.5 2.4%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では、脳梗塞について以下の診療科で診療を行っています。

腎・高血圧・脳血管内科では、脳梗塞急性期の患者さんに対しては、血栓溶解療法(rt-PA静注療法やカテーテルによる血栓除去治療)で対応するとともに、全身管理(呼吸循環管理)・リスク管理を行い症状の軽減に努め、リハビリテーション治療を速やかに開始します。脳血管狭窄を有する患者さんに対しては、適切な検査を行うことで適切な治療法を選択し、脳梗塞発症の予防を行っています。

神経内科は体の免疫システムが神経系に障害を与えて起こる神経免疫疾患の診療を得意としています。そのため中枢神経の脱髄疾患である多発性硬化症や視神経脊髄炎、末梢神経の脱髄疾患である免疫介在性・炎症性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)、脳炎などの入院患者さんが多くなっており、これらの患者さんに対して免疫グロブリン大量療法や血漿交換といった免疫療法や生物学的製剤による治療を行っています。また診断の難しい、神経障害が徐々に進行する難病についても、入院の上で詳しい検査を行い、診断の上適切な治療を導入しています。

脳神経外科は脳卒中専門医、脳血管内治療専門医が多数在籍しており、急性期脳梗塞に対する血管内治療を積極的に行なっています。また、九州大学脳神経外科は、歴史的にもやもや病の厚生労働省研究班において中心的な役割を果たしてきており、平成28年度にもやもや病専門外来を開設し、各患者にあった治療を積極的に行なっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科別に手術件数の多い順に、手術術式(Kコード)、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢、解説を表示しています。
◇同じ日に複数の手術を行った場合は、主たる(点数の高い)手術のみを集計しています。
◇術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)、術後日数は手術日から(手術当日は含まない)退院日までをカウントしています。
血液・腫瘍・心血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 42 3.7 2.1 0.0% 62.7
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 39 1.9 2.5 0.0% 71.2
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 21 2.6 2.2 0.0% 52.7
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 2.6 2.0 12.5% 71.0
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
当科の心血管グループでは、心臓の冠動脈や全身の血管に対する血管内治療やステント留置術、不整脈(心房細動や頻拍症など)に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術を行っています。
免疫・膠原病・感染症内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 15 1.7 3.1 6.7% 70.3
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 15 4.8 3.1 6.7% 61.9
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 8.8 9.0 0.0% 51.6
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
心血管グループにより、虚血性心疾患に対する経皮的ステント留置術や不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術を行っています。また、植込型カテーテルを留置することにより、抗がん剤の治療を外来で行えるようにしています。
消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 237 2.0 2.6 0.4% 63.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 96 5.7 10.0 1.0% 70.8
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 40 2.6 3.1 2.5% 62.3
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 33 6.8 7.8 0.0% 61.3
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 29 8.4 10.3 0.0% 69.6
当科では食道・胃・十二指腸・大腸のポリープ切除や早期がんに対する内視鏡手術を行っています。主に大腸ポリープが対象となる内視鏡的粘膜切除術に加えて、早期癌ではより広い病変も切除可能な粘膜下層剥離術による治療例が大半を占め、年々治療件数も増加しています。
腎・高血圧・脳血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 48 9.4 16.2 6.3% 58.1
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 9.6 5.9 0.0% 64.8
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 11.6 17.3 0.0% 60.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
当科の腎臓グループでは、慢性腎臓病(CKD)患者さんに対し、血液透析導入のための血管アクセス(内シャント)作成術や、腹膜透析を行う際に必要な腹膜透析カテーテルを腹腔内に留置する手術を行っております。
内分泌代謝・糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 23 4.9 5.0 0.0% 70.6
K754-2 腹腔鏡下副腎摘出術 19 2.3 15.5 0.0% 55.0
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
手術が必要となる副腎腫瘍、甲状腺・副甲状腺腫瘍、下垂体腫瘍に対して、泌尿器科・外科・耳鼻科・脳神経外科と連携し診療に当たっています。当科では、手術時の治療方針の決定に不可欠な術前・術後評価を行って、診療に貢献しています。糖尿病患者に合併しやすい大腸ポリープや早期胃がんに対する内視鏡治療も行っています。
肝臓・膵臓・胆道内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 6.1 14.2 4.5% 66.2
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 59 6.4 13.4 0.0% 70.4
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 21 6.0 9.4 0.0% 63.0
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 17 6.8 12.5 0.0% 71.5
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 11 4.5 5.6 0.0% 67.7
肝臓・膵臓・胆道の癌に対して、適格な病状診断に基づいた選択的動脈塞栓術、外科的手術治療や経皮的ラジオ波焼灼術、内視鏡的胆道ステント留置術や植え込み型カテーテル留置を用いた化学療法、新規分子標的薬などの集学的治療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 185 1.9 3.3 3.2% 62.0
K570-3 経皮的肺動脈形成術 98 1.9 2.5 0.0% 62.3
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 87 3.2 4.1 4.6% 71.1
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 64 2.0 3.5 4.7% 57.5
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 32 3.8 2.8 2.8% 48.2
循環器内科では、循環器疾患に対して心臓カテーテルを用いたインターベンション治療を専門的に行なっています。冠動脈ステント留置術、不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)、重症心不全に対する治療デバイス植え込み、慢性血栓閉塞性肺高血圧症に対する経皮的肺動脈形成術、先天性心疾患の一つである心房中隔欠損症に対する経皮的心房中隔欠損閉鎖術、弁膜症の一つである大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療などを行なっています。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 12 12.8 12.6 0.0% 75.8
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
総合診療科では、当科外来で診療しているウイルス肝炎等の慢性肝疾患に合併した肝癌の選択的動脈化学塞栓術や食道・胃静脈瘤の治療、様々な疾患の精査の過程で診断され結腸ポリープの内視鏡的治療を行っています。また、原因不明のリンパ節腫大の診断のためにリンパ節生検を行っています。糖尿病治療で入院された患者さんで、眼の合併症(網膜症)が認められた場合も治療を依頼しています。
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 90 3.6 19.1 0.0% 50.0
K867 子宮頸部(腟部)切除術 83 1.8 4.7 2.4% 48.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 73 1.9 5.2 1.4% 42.6
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 49 2.8 16.2 0.0% 58.4
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 39 2.4 7.1 0.0% 50.6
当科では婦人科臓器(子宮、卵巣など)の腫瘍の治療を多く行っています。良性卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡を用いた低侵襲手術を多く行っています。また子宮の悪性腫瘍に対する根治術や子宮頸部の前がん病変に対する円錐切除術も多く行っています。
総合周産期母子医療センター(母性胎児)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 100 8.5 5.7 0.0% 33.6
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 40 3.8 5.3 0.0% 33.0
K851-2 外陰・腟血腫除去術 - - - - -
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
当科ではハイリスク妊娠を多く取り扱っているため、お産に占める帝王切開の割合が他の医療機関より高くなっています。予定をたてて帝王切開を行うこともあれば、お母さんや赤ちゃんの状態の急変のため緊急帝王切開を行うこともあります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 13 1.0 1.5 0.0% 6.4
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 12 1.3 1.3 0.0% 4.6
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) - - - - -
先天性の肺動脈弁狭窄症または先天性心疾患で術後の経過中に肺動脈狭窄を認めた場合に、カテーテル治療としてバルーンを用いた肺動脈形成術を行っています。小児腎不全では腹腔内にカテーテルを留置して腹膜透析を行っています。造血幹細胞移植のために末梢血から幹細胞を採取し使用します。
総合周産期母子医療センター(新生児内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 50 0.0 26.5 4.0% 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 19 0.0 69.3 15.8% 0.0
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
K616-5 経皮的血管内異物除去術 - - - - -
在胎週数が短く出生体重が低い、極低出生体重児および超低出生体重児の入院が多く、新生児専門医による蘇生処置が速やかに行われる体制を整えています。出生後直ちにカテーテルによる心房中隔欠損作成術が必要な先天性心疾患を診療しています。
外科(消化管外科(1)、胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科、呼吸器外科(1)、乳腺外科(1)、内分泌外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 78 1.2 5.9 7.7% 71.2
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 53 1.9 5.0 5.7% 58.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 6.0 12.1 4.2% 67.7
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 46 2.6 8.0 0.0% 60.5
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 40 3.5 9.6 2.5% 67.3
当科では、患者さんの体への負担が少ない鏡視下手術を積極的に行っております。特に膵臓疾患に対する腹腔鏡手術は、全国有数の施設です。食道・胃・大腸疾患に対してはほとんどの患者さんに鏡視下手術を行っております。また、胆道・膵臓疾患に対する内視鏡的検査・治療を積極的に行っており、質の高い診療を提供しております。そのほかにも乳腺、肺、甲状腺、膵移植、腎移植の手術件数も数多く行っております。
外科(消化管外科(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、乳腺外科(2)、血管外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 88 3.0 8.7 3.4% 70.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 49 3.1 7.3 2.0% 56.6
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 47 7.0 11.5 14.9% 70.1
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 45 1.7 6.8 2.2% 57.6
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 43 5.9 28.9 30.2% 64.5
当科では、消化器疾患(食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肝臓・胆道・膵臓、肝移植)、呼吸器疾患、乳腺疾患、血管疾患に対して様々な手術を行っています。特に悪性腫瘍に対する鏡視下での低侵襲手術、乳腺疾患、また肝疾患に対して非常に多くの症例の肝移植手術に取り組んでいます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)
人工関節置換術(膝)
人工関節置換術(肩)
291 2.2 22.4 47.1% 68.2
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(大腿)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(躯幹)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(上腕)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(下腿)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(前腕)
31 6.4 26.7 9.7% 59.1
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 3.1 25.9 44.8% 67.3
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(大腿)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(上腕)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(前腕)
28 1.3 10.7 0.0% 48.4
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 25 1.4 20.2 8.0% 26.9
当科では、人工関節置換術、関節・脊椎に対する内視鏡手術、脊椎に対する手術など、小児からお年寄りまで幅広い年齢層に対して様々な手術を行っています。特に人工股関節置換術や人工膝関節置換術や難易度の高い悪性腫瘍に対する手術、脊椎手術に多く取り組んでいます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 74 8.7 28.7 18.9% 54.9
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 18 5.3 12.9 0.0% 48.2
K1781 脳血管内手術(1箇所) 16 2.8 14.8 6.3% 61.3
K1742 水頭症手術(シャント手術) 14 6.9 12.6 28.6% 26.1
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 0.6 12.0 14.3% 65.4
当科では、脳血管障害、脳腫瘍、てんかん、小児脳外科等の幅広い疾患に対応し診療していますが、中でも、カテーテルと外科手術を融合させたハイブリット治療を用いた脳動脈瘤、遺伝子解析を元に治療する悪性脳腫瘍、3D内視鏡を用いて治療する良性脳腫瘍という最先端の技術にて患者さんのニーズに合った診療を行います。専門外来を開設するもやもや病でも、バイパス手術を中心に最先端の治療を行います。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 52 4.3 18.9 32.7% 67.6
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 30 5.2 14.2 36.7% 83.2
K597-2 ペースメーカー交換術 28 2.3 7.0 3.6% 74.1
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 25 5.1 17.1 32.0% 69.4
K555-21 経カテーテル大動脈弁置換術(経心尖大動脈弁置換術) 19 4.2 15.7 42.1% 86.2
心臓血管外科では、生まれたばかりのこどもから高齢者まで、幅広い年代に対して、様々な種類の心臓および大血管の手術を行っています。高齢者の増加とともに、心臓弁膜症手術が年々増加しており、大動脈弁狭窄症に対する手術が最も多く、人工心肺装置を使用した従来の方法では手術困難な方に対しては、小さな傷でカテーテルを用い、体への負担が少ない方法で手術を行っています。こどもでは心室の壁に空いた穴を塞ぐ手術が最も多く、小さく目立ちにくい傷で行う方法を取り入れています。
小児外科、成育外科、小腸移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 48 1.1 1.0 0.0% 2.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.0 1.0 0.0% 3.2
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 21 0.0 1.4 0.0% 1.5
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.4 5.1 0.0% 9.1
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 19 1.3 2.9 0.0% 6.5
最も多くの手術を行っている疾患はソケイヘルニアで、例年80例前後、当科手術例の約15%です。虫垂炎に対する手術はほとんど腹腔鏡下に行いますが、緊急手術もしくは待機手術と患者さんの状態によって選択しています。稀少疾患に対する手術や、生体肝移植なども数は少ないですが、実施しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 13 4.0 8.7 15.4% 61.8
K0101 瘢痕拘縮形成手術(顔面) 11 1.1 4.5 9.1% 47.6
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) 11 1.1 5.0 0.0% 24.5
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 10 1.0 2.6 0.0% 47.1
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
顕微鏡を用いてリンパ管と静脈を吻合する、リンパ管細静脈吻合を全身麻酔下に行っています。頭頸部腫瘍の切除後や顔面外傷後の瘢痕拘縮に対して、形成術を行うことで整容面の改善に努力しています。整容面、機能に配慮した良性皮膚皮下腫瘍の摘出を行なっています。
先端医工学診療部
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K656-2 腹腔鏡下胃縮小術(スリーブ状切除) 41 3.0 6.1 0.0% 44.5
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K653-5 内視鏡的胃、十二指腸狭窄拡張術 - - - - -
『病的肥満症』に対する外科的治療は、胃の外側部分を2/3ほど切り取り、バナナ1本分ほどの細長い形状にする治療法です。手術は腹腔鏡下で行うため、腹部を大きく切開する必要はなく、通常は2時間ほどで終了します。手術後は胃が細く小さくなり食べた物を貯留する能力がなくなります。また、胃の外側部分からは、食欲を増進させるホルモンが分泌されており、その部分を手術で切除することにより、食欲が低下し、食物の嗜好が変わります。現在当科では年間40例のペースで行っています。また最近では、術後に腸内細菌叢を健全化する、食事指導を兼ねて行っており、よりよい効果が得られております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 90 1.2 8.6 1.1% 70.8
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 36 0.6 1.8 0.0% 35.6
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 25 1.0 4.2 0.0% 37.6
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 21 1.2 1.7 0.0% 20.3
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 16 0.9 2.7 0.0% 38.1
当科では悪性腫瘍を切除する手術を一番多く行っています。特にセンチネルリンパ節生検を含む悪性黒色腫の手術は限られた施設でのみ行われており、当科では積極的に行っています。また、脂肪腫、色素性母斑(ほくろ)などの良性腫瘍の切除も行います。
泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 113 2.4 5.4 1.8% 72.1
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 89 2.9 10.7 0.0% 66.2
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 63 2.7 9.3 0.0% 56.3
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 56 4.4 10.6 5.4% 68.6
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 2.2 5.5 8.3% 63.4
泌尿器科では、前立腺癌・腎癌に対するロボット支援手術が最も多く、次いで膀胱癌の経尿道的切除術、腎細胞癌・腎盂尿管癌の腹腔鏡による腎(尿管)摘除等の患者さんの体への負担が少ない手術を多数行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 318 2.1 6.5 0.9% 68.3
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 183 2.5 8.5 1.1% 62.7
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 108 1.7 8.9 0.0% 58.6
K2683 緑内障手術(濾過手術) 70 2.0 16.5 0.0% 65.3
K284 硝子体置換術 53 1.0 6.1 0.0% 53.6
眼科では最も患者さんが多い白内障手術以外にも、難易度が高く熟練が必要な網膜硝子体疾患、緑内障、腫瘍、涙道疾患、さらには眼形成まで、眼内から眼周囲まで多様な疾患に対する診断・治療を行っております。患者さんの利便性を考え、外来受診から入院までお待たせすることなく、より短期間の入院加療を実践しております。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 59 1.3 5.3 0.0% 46.2
K328 人工内耳植込術 46 1.1 2.3 0.0% 10.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 2.9 5.4 0.0% 56.7
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 24 1.9 7.2 0.0% 34.7
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 24 2.3 6.9 0.0% 55.8
喉頭や下咽頭の小さながん病変をなるべく早期発見・治療するために積極的に喉頭直達鏡を使った検査、切除を行っています。また、これまで受けたほかの治療が無効だった中耳炎に対する手術や、全く耳が聞こえない人が聴覚を(再)獲得できる人工内耳植込術に力を入れています。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 60 1.5 4.4 0.0% 65.3
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 43 7.2 6.5 2.3% 67.3
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 18 5.3 7.9 5.6% 66.2
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 18 3.3 11.2 0.0% 65.8
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 10 4.6 18.6 0.0% 71.6
当科では患者さんの体への負担が少ない治療を行っています。消化器癌やポリープに対する内視鏡的切除術に加え、腎腫瘍に対する冷凍凝固療法、頭頸部や胸腹部悪性腫瘍や出血性病変に対する血管塞栓術、放射線治療用の金属マーカー留置などの画像下治療(IVR)を施行しており、近年その数が増加しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
最も医療資源を投入した傷病名と入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別した各症例数の発生率を示しています。
・同一の症例とは、入院後発生した病名でないことを意味する。
・DICとは、播種性血管内凝固症候群のことである。

◇精神科病棟入院期間は対象外としています。
        
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.12%
異なる 13 0.06%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 196 0.90%
異なる 11 0.05%
このデータは、DPC対象で当院に入院した患者さんのうち、手術・術後の合併症のために入院した患者さんの割合を示したものです。当院は九州全域をカバーする専門性の高い診療体制であり、重い病気や臓器移植等の合併症を含んだ患者さんのフォローアップを積極的に行い、日常の生活に戻れる支援の更なる強化を図っています。
更新履歴