平成28年度 病院指標

データ対象期間 平成28年4月~平成29年3月

対象患者(全体)
◇一般病棟に入院した患者が対象です。  
◇臓器移植、労災、自賠責(交通事故)、治験、先進医療、自費等の患者は対象外です。
◇10未満の数値の場合は、個人情報保護の観点から-(ハイフン)にて表示をしています。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード  
入院日における年齢です。10歳刻みの年齢階級別に表示しています。

◇ただし、90歳以上の年齢階級は1つの階級に設定しています。
        
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1974 892 866 1518 2167 2725 5567 4282 1734 125
当院では、0歳児から高齢者までの幅広い年齢層の患者さんを診療しています。
平成28度では、平成27年度より115名少ない、21,850名の患者さんが退院されました。
一番多いのは60歳代の患者さんで5,567名、2番目に多いのは70歳代で4,282名となっています。
また、10歳未満については、低出生体重児の患者さんをはじめ、総合周産期母子医療センターや小児医療センターを中心に幅広い患者さんを受入れております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
各診療科別に患者数の多いDPC(*1)14桁分類について、DPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、解説を表示しています。

◇診断群分類点数表に基づき算定した患者が対象です。


*1 D P C :
Diagnosis Procedure Combination(診断群分類)、専門家による臨床的観点からの検討と調査参加病院から収集したデータに基づき開発された、日本独自の分類です。
        
血液・腫瘍・心血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
 130010xx97x2xx  急性白血病 手術あり 手術・処置等2:2あり 36  42.5   41.96 8.3%  43.5   
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 63 6.5 5.51 0.0% 59.4
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 45 4.7 4.71
0.0% 73.0
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 32 5.2 6.03 3.1% 74.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 31 3.1 3.06 0.0% 67.6
当科では、急性白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫に対し、抗がん剤治療、免疫細胞療法、造血細胞移植を多く行っています。腫瘍グループでは、消化器癌・頭頸部癌・軟部肉腫や原発不明癌などに対する抗がん剤・分子標的薬治療を行っています。心血管グループでは、不整脈(心房細動や頻拍症など)や狭心症などの冠動脈の病変、心臓弁膜症に対するカテーテル治療を行っています。

①急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病
急性白血病には、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病がありますが、貧血や発熱、出血などの症状がみられます。治療としては、病態に応じて抗がん剤治療、分子標的治療を行い、難治症例に対しては、、免疫細胞療法や造血細胞移植を行っています。さらに、新規薬剤の臨床治験も多数実施しています。

②心房細動、発作性上室性頻拍
心房細動などの頻脈性不整脈では、動悸などの症状を認めます。当科では、これに対して、経皮的カテーテル心筋焼灼術を行い、良好な成績を得ています。徐脈性不整脈に対してはペースメーカー治療を行っています。患者さんの負担の軽い治療によって、比較的短い入院日数となっています。

③無症候性心筋虚血、労作性狭心症
狭心症や心筋梗塞では、心臓の筋肉(心筋)に栄養と酸素を送る冠動脈が動脈硬化などで狭くなったり、詰まることにより心筋に虚血を引き起こす疾患で、胸痛などの症状がみられます。しかし、症状のない心筋虚血がみられることもあります。心臓カテーテル治療によって、狭くなったり、詰まった冠動脈に対して冠動脈形成術を行い、良好な成績が得られています。

④大動脈弁狭窄症
大動脈弁狭窄症に対しては、従来は手術による弁置換が主流でしたが、当科では、心臓外科・循環器内科と合同でカテーテルを用いた大動脈弁置換術を行い、患者さんの負担の軽い治療を行っています。
免疫・膠原病・感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 70 15.6 17.77 1.9% 53.1
070560xx99x7xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:7あり 35 5.3 6.66 0.0% 48.0
100370xx99x0xx アミロイドーシス 手術なし 手術・処置等2:なし 26  1.8  12.80  0.0%  45.9   
130140xxxxxxxx 造血器疾患(その他) 29 3.0 16.76 0.0% 56.8
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 18 8.4 5.51 5.6% 60.3
当科では、自己免疫性疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症など)に対し、免疫抑制剤や生物学的製剤を用いた治療を多く行っています。また、重症細菌感染症、真菌症、非結核性抗酸菌症など難治性乾癬性疾患の治療も行っています。当科は、血液・腫瘍・心血管内科と病棟を共有し、総合内科として診療を行っています。

①全身性強皮症、全身性エリテマトーデス
全身性強皮症は皮膚や内臓が硬くなる変化が特徴です。30~50歳代の女性に多く見られます。レイノー症状や、皮膚硬化、肺線維症、腎機能障害、逆流性食道炎などの症状がみられます。原因はまだよくわかっていません。全身性エリテマトーデスは、発熱、全身倦怠感などの炎症を思わせる症状(全身の症状)と、関節、皮膚、そして腎臓、肺、中枢神経などの内臓のさまざまな症状(各臓器の症状)が同時に、あるいは経過とともに起こってきます。原因は、今のところわかっていませんが、免疫の異常が病気の成り立ちに重要な役割を果たしています。女性に多い病気です。いずれの疾患も副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤などで治療を行います。

②ベーチェット病
再発性の口内炎、皮膚炎、目の炎症などを起こす原因不明の病気です。神経、血管、消化管に症状がでることもあります。アジアから地中海地域に多いという特徴があります。抗サイトカイン療法により、良好な成績が得られています。

③キャッスルマン病
体のだるさ、発熱、体重減少などの全身の炎症症状とともに、リンパ節や肝臓、脾臓などが腫れてきます。インターロイキン6(IL-6)というサイトカインが体の中に大量に産生されるために病気が起こると考えらえており、IL-6の阻害薬やステロイドが効果を発揮します。

④続発性アミロイドーシス
アミロイドーシスは繊維構造を持つ蛋白質であるアミロイドが、全身臓器に沈着して機能障害を引き起こす疾患です。アミロイドーシスは、原発性と続発性に分けられますが、続発性アミロイドーシスの原因として多い疾患として関節リウマチが挙げられます。関節リウマチとは、免疫の異常によって関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。30~50歳代の女性に多く発症します。早期に発見して適切な治療を行えば、関節炎を改善し、関節破壊を防止することができます。当科では、積極的に抗サイトカイン療法を行い、良好な成績が得られています。

⑤心房細動
心房細動などの頻脈性不整脈では、動悸などの症状を認めます。当科では、心血管グループと病棟を共有しており、これに対して、経皮的カテーテル心筋焼灼術を行い、良好な成績を得ています。徐脈性不整脈に対してはペースメーカー治療を行っています。患者さんの負担の軽い治療によって、比較的短い入院日数となっています。心血管グループで診断・治療を行っています。
消化管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2:なし 95 16.8 9.02 1.1% 71.1
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 39 9.7 10.71 0.0% 64.5
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 25 10.0 7.44 0.0% 57.0
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病:なし 21 9.6 2.72 0.0% 59.9
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2:なし 20 11.6 9.22 0.0% 37.6
当科では、①胃癌、②悪性リンパ腫、③炎症性腸疾患、④大腸ポリープの診断・治療を主に行っています。

①胃癌
胃癌は本邦において死亡数が2番目に多い悪性新生物で、その多くはヘリコバクターピロリ菌感染に起因するとされています。胃癌はその進行度により内視鏡治療、外科手術、化学療法など治療法が異なりますが、正しい治療方針決定のためにも正確な診断が必要となります。

②悪性リンパ腫
消化管は節外性悪性リンパ腫が比較的高率に発生する臓器です。その中でも胃悪性リンパ腫が最も多く、低悪性度であるMALTリンパ腫はヘリコバクターピロリ菌感染に起因するものが多いです。また、消化管悪性リンパ腫はピロリ菌感染に起因しないものあり、悪性度の相違により治療法が異なります。

③炎症性腸疾患
炎症性腸疾患には潰瘍性大腸炎とクローン病が含まれ、いずれも原因不明の慢性に経過する炎症性疾患です。ただし、病気の活動性や経過は患者さんにより大きく異なるため、個々の患者さんに応じた適切な治療選択が必要となります。

④大腸ポリープ
大腸癌は本邦において死亡数が3番目に多い悪性新生物で、その多くは大腸ポリープが増大・悪性化したものです。したがって、大腸ポリープの段階で正しく発見し、必要に応じて治療を行っていくことが重要となります。
腎・高血圧・脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 69 15.7 12.84 8.7% 66.0
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 28 16.6 8.87 0.0% 64.5
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 20 20.5 14.77 5.0% 61.1
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:あり 定義副傷病:なし 20 18.1 7.58 0.0% 46.1
010070xx99020x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 定義副傷病:なし 18 10.4 5.74 0.0% 64.3
当科では、①慢性腎臓病、②脳卒中、③高血圧症、④糖尿病の診断・治療を主に行っています。

①慢性腎臓病
慢性腎臓病は慢性的に腎機能の低下を認める病気で、その原因は様々ですが、患者さんは1330万人いると考えられています。放置しておくと、むくみ、倦怠感、貧血、息切れなどの症状が出現して、透析療法や腎臓移植を行わなければいけなくなる可能性があります。早期治療によって腎臓の機能を低下させないことが重要です。治療は、生活習慣の改善、食事療法や薬物療法に血圧管理、貧血改善、脂質代謝管理などを行います。

②脳卒中
高齢化社会に伴い脳卒中(脳梗塞および脳出血)およびその関連脳疾患(認知症・てんかん)は増加の一途を辿っています。当科では、急性期脳卒中、類縁救急脳疾患(てんかん、髄膜脳炎、頭痛など)、認知機能障害、頸動脈狭窄症(=脳血管狭窄症)などの診療と、その原因となる生活習慣病・心血管疾患などの精査・管理を得意とします。脳梗塞・超急性期治療については、rt-PA静注療法およびカテーテル血栓除去療法を脳外科と協力して24時間365日オンコール体制で対応しています。

③高血圧症
高血圧症は国民の病気の中で最も多い病気の一つで、約4300万人のかたが高血圧であると報告されています。この高血圧のなかの少なくとも10%程度は、他の病気が原因で血圧が高くなっています。隠れた病気を見つけて治療することで高血圧が治る可能性があります。残りの90%近くは生活習慣と体質が原因の高血圧ですので、減塩を含めた生活習慣修正と血圧を下げる薬を用いて、血圧を適正に管理し心腎血管病を予防します。

④糖尿病
糖尿病は我が国の中高年を中心に年々増加していますが、自覚症状に乏しいため、気が付けば取り返しのつかない合併症を起こしてしまう疾患です。実際に当科に腎不全や脳卒中、心不全で入院される患者さんの多くが糖尿病を有しています。当科では患者さんの病態や合併症の程度に合わせた治療法を考え、最良の医療を提供できるように努めています。平均的な入院期間は10日~14日です。
内分泌代謝・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 73 19.2 6.12 0.0% 55.7
100180xx04x0xx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 腹腔鏡下副腎摘出術等 手術・処置等2:なし 19 18.8 11.34 0.0% 55.0
100180xx99001x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:あり 18 19.6 10.16 0.0% 64.2
100220xx99xxxx 原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺腫瘍 手術なし 16 20.0 12.09 0.0% 63.8
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 85歳未満 16 19.3 14.61 0.0% 55.8
当科では、①原発性アルドステロン症、②褐色細胞腫、傍神経節腫③原発性副甲状腺機能亢進症、④糖尿病、⑤先端巨大症の治療を主に行っています。様々な合併症を生じうる疾患の特徴から、注意深く正確な病状評価を行うとともに他科とのシームレスな連携による最適な医療を提供しています。

①原発性アルドステロン症
原発性アルドステロン症は、体内の塩分量を調節するアルドステロンが自律的に過剰産生され高血圧、動脈硬化を発症する病気です。高血圧症の10%を占める頻度の高い病気です。手術によりアルドステロンを産生する副腎腫瘍を切除したり、薬物によるアルドステロンの働きを抑える治療を個々の病状を評価し最善の方法で行います。入院期間は 14日程度です。

②褐色細胞腫
褐色細胞腫は、副腎の髄質や傍神経節腫という場所に発生する腫瘍で、カテコラミンというホルモンが高くなる病気です。動悸、発汗などの症状や高血圧、糖尿病といった疾患の原因ともなりえます。適切な病状の診断と手術治療で治癒しますが、腫瘍が多発することや、悪性腫瘍のことがあると指摘され正確な診断が重要です。当科は、豊富な経験から安心、安全な医療を提供します。入院期間は14日程度です。

③原発性副甲状腺機能亢進症
骨粗鬆症、尿路結石症、消化性潰瘍の合併症を高頻度におこす副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺の腫瘤が副甲状腺ホルモンを過剰産生することで発症します。特に症状がなく、健診などで血液のカルシウムの高値で見つかることもあり、早期の発見が重要です。合併症と、家族遺伝の有無などを正確に把握する事で、手術や薬物による最善の治療を行います。入院期間は14日程度です。

④糖尿病
糖尿病は1型、2型および薬剤の副作用や他の疾患(膵疾患、内分泌疾患など)に伴い発症するタイプに大別されます。インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう疾患です。早期の発見と生活習慣の改善や治療の開始により、合併症の発症を予防できます。当科は豊富な経験から糖尿病の原因と合併症を詳細に評価し、患者様の病態に応じた最適な医療を提供します。入院期間は10日程度です。

⑤先端巨大症
先端巨大症は、下垂体の腫瘍が成長ホルモンを過剰に産生し、眉弓突出、下顎突出、口唇肥大などの顔貌変化や手足の容積増大を呈します。糖尿病、高血圧、脂質代謝異常症の合併も頻度が高く、総合的な診断と治療が重要です。当科は先端巨大症治療施設として、多くの治療経験に基づいた適切な治療を提供します。入院期間は14日程度です。
肝臓・膵臓・胆道内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 53 19.8 11.74 1.9% 69.8
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 44 15.3 11.06 2.3% 68.8
060360xx99x0xx 慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 手術なし 手術・処置等2:なし 30 15.0 9.12 0.0% 59.8
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:6あり 30 25.0 12.36 0.0% 65.8
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 27 11.4 14.75 0.0% 65.5
当科では主に、①肝細胞癌、②膵癌、膵神経内分泌腫瘍、③膵炎(急性膵炎・慢性膵炎・自己免疫性膵炎)、④急性胆管炎、総胆管結石、⑤急性肝不全などの疾患に対して診療を行っています。

①肝細胞癌
肝細胞癌はウイルス性肝炎・肝硬変や脂肪肝など、慢性肝疾患を背景に発症することの多い疾患です。肝臓に残っている能力(肝予備能)と、癌の数や大きさなどを考慮して、外科的手術、内科で行うラジオ波焼灼術(RFA)、多発例でも治療できる経肝動脈化学塞栓術(TACE)、分子標的薬などによる治療など、最適な方法を選んで治療していきます。入院期間は10日程度です。

②膵癌、膵神経内分泌腫瘍
膵癌は症状に乏しく、早期診断や治療が難しい病気として知られています。当科では胆膵内視鏡(超音波内視鏡や膵管胆管造影)の技術を駆使して膵癌を正確に診断するとともに、膵癌に対する化学療法(手術不能例や術前治療例)を数多く行っています。また、稀少疾患である膵神経内分泌腫瘍については多くの治療経験があり、分子標的剤を中心とした様々な治療を患者さん毎に提供しています。入院期間は14日程度です。

③膵炎(急性膵炎・慢性膵炎・自己免疫性膵炎)
膵炎の中には、すぐに命に関わり緊急の治療を要する急性膵炎、飲酒などが原因となり徐々に進行する慢性膵炎、自己の免疫異常が関与する自己免疫性膵炎、など複数の種類が含まれます。それぞれの治療が大きく異なるため、適切な診断が重要となります。当科では上記の膵炎全般の診断・治療を行っており、自己免疫性膵炎に対するステロイド治療を数多く行っているのも特徴です。入院期間は14日程度です。

④急性胆管炎、総胆管結石
急性胆管炎は、総胆管結石や膵癌・胆道癌により胆汁の流れが悪くなり、そこに感染を合併することで発症します。生命に関わる緊急性の高い疾患であり、内視鏡的胆度ドレナージを中心とした早期治療が重要となります。当科では、急性胆管炎が改善した後に、原因となった総胆管結石に対する内視鏡治療や、膵癌・胆道癌に対する治療を継続的に行います。入院期間は7日程度です。

⑤急性肝不全
急性肝不全とは、これまで健常であった肝機能が急激に低下し、意識障害や出血傾向、感染などにより生命に関わる可能性の高い疾患です。原因を含め正確に診断し、弱った肝機能を補ったり(血漿交換療法)、老廃物を取り除いたり(血液ろ過透析)により治療していきます。入院期間は30~60日程度です。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他) 手術・処置等2:なし 36 77.3 28.60 0.0% 26.0
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 24 51.8 20.63 4.2% 51.8
010300xxxxxxxx 睡眠障害 - - 4.34 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.44 - -
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 4.71 - -
当科では摂食障害、ストレスが関連する病気や体の症状に対して、患者様の身体的要因のみでなく、心理面や社会的状況などにも配慮した総合的な診療を行っております。医師、看護師、臨床心理士を中心に、その他の専門職種とも連携を取りながらチーム医療を実践しております。

①摂食障害
摂食障害は極端に食事を制限してとても痩せたり、その反動で過食や嘔吐が出現する病気です。神経性やせ症や神経性過食症がその代表です。放置しておくと長期化して、治療が難しくなることがあります。体重や食事へのとらわれから生活が著しく障害されたり、栄養状態が悪化すると生命にかかわることもあります。治療として栄養・身体状態への対応とともに、病気の背景にある心理・社会的要因への対応を包括的に行います。

②うつ病
様々な持続的なストレス負荷が続き、うつ病(うつ状態)に陥ると気分の落ち込み、喜びや興味の喪失、意欲や集中力の低下、体のだるさ、食欲の低下、睡眠障害、様々な身体症状などを様々な心身の不調が出現します。十分な安静・休養、薬物療法、心理療法などを適切に組み合わせながら治療を行います。

③不眠症
不眠症には入眠障害(寝付けない)、中途覚醒(夜中目が覚める)、早朝覚醒(朝早く目が覚めてしまう)、熟眠障害(眠りが浅い)などいくつかのタイプがあります。原因も身体的な要因、心理的な要因、環境的要因、生活習慣によるものなど様々です。原因に合わせ適切な生活指導、薬物・心理療法などを進めています。

④機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群
腹痛や胃のもたれ、胸焼け、吐き気、腹部膨満、下痢・便秘などの胃腸症状が炎症や腫瘍などから起こるのではなく、胃腸の働きの異常や知覚過敏からくる病態を機能性消化管障害と言います。その代表的なものとして胃の痛みやもたれを主とする機能性ディスペプシア、腹痛と排便の異常を主とする過敏性腸症候群などがあります。症状の悪化にしばしばストレスが関与することも多いため、心身両面からの治療を行います。

⑤持続性身体表現性疼痛障害
慢性的な体の痛みのなかでも検査で痛みの原因が十分明らかにできず、通常の薬物療法や処置・手術では改善が思わしくないものは少なくありません。そのような痛みには身体的要因のみならず心理的、社会的な要因が大きく影響している場合があります。そのような場合には身体的治療に加え、心理療法、環境の調整などを組み合わせて包括的に治療を行います。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 36 18.8 13.92 8.3% 41.6
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 36 20.7 18.04 8.3% 54.4
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2:4あり 26 26.0 20.62 11.5% 45.9
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2:あり 定義副傷病:なし 17 29.8 17.57 5.9% 61.2
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 15 31.7 14.14 6.7% 68.6
当科では、①多発性硬化症、②免疫介在性・炎症性ニューロパチー、③重症筋無力症、④パーキンソン症候群、⑤運動ニューロン疾患、認知症の治療を主に行なっています。

①多発性硬化症
多発性硬化症は中枢神経の突起(軸索)を取り囲んでいる鞘(髄鞘)が炎症で剥がれてしまい、目が見えづらくなったり,手足に力が入らなくなったりする疾患です。このような炎症が時間や中枢神経内の場所を変えて多発します。症状が急に出現してきたときにはステロイドという炎症を抑える薬剤を内服や点滴で使用します。また炎症が再び生じないよう、長期的に炎症を抑えるための治療薬を症状に応じて使用します。

②免疫介在性・炎症性ニューロパチー
末梢神経の障害が原因で四肢の脱力やしびれ感をきたす疾患をニューロパチーといいます。免疫が関与する代表的なニューロパチーとして、ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎ががげられますが、当院では特に後者の患者さんを多く見ています。ステロイドや免疫グロブリンの大量静注療法、血漿交換などの免疫治療を症状に応じて選択して治療を行います。

③重症筋無力症
重症筋無力症は、自己抗体により神経と筋肉との情報伝達がうまくいかなくなる病気です。瞼が下がる、物が二重に見えるといった目の症状や、首や手足の筋肉の力の入りにくさ、飲み込みにくさなどがみられます。治療では、抗コリンエステラーゼ薬やステロイド剤、免疫抑制剤等の内服薬による治療や、重症の場合は、免疫グロブリン療法、血漿交換療法、ステロイドパルス療法等を行うことがあります。

④パーキンソン症候群
手足の震え、動作の緩慢、筋肉の固縮、姿勢保持障害などを主な症状とする疾患群で、パーキンソン病のほか、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、レビー小体型認知症、脳血管性パーキンソニズム、薬剤性パーキンソニズムなどがあります。正確な診断が重要なため、神経診察や画像検査などを慎重に行い診断しています。治療は内服治療やリハビリが中心となります。

⑤運動ニューロン疾患
運動ニューロン疾患は、運動神経が主に侵されていく神経変性疾患の総称です。筋萎縮性側索硬化症(ALS)が代表的で、その他に原発性側索硬化症(PLS)、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)、脊髄性筋萎縮症(SMA)などが該当します。それぞれ診断が難しく、適切な検査・診断の後にそれぞれの疾患について他の医療機関と連携を取りながら治療とケアにあたっています。SMAでは核酸医薬品などの画期的な治療薬が開発されてきています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2:なし 238 5.0 5.51 2.9% 61.1
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 100 6.4 4.71 2.0% 69.6
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 91 3.7 3.06 2.2% 69.4
04026xxx01x0xx 肺高血圧性疾患 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2:なし 88 5.3 8.53 0.0% 62.3
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 75 8.5 6.03 9.3% 73.6
当科では、虚血性心血管疾患、心不全、不整脈、弁膜症など構造的心疾患、肺高血圧症、成人先天性心疾患の6循環器疾患群について特に診療グループを設け、専門的な診療を行っています。

①不整脈(心房細動、心房頻拍など)
近年、高齢化に伴い増加している頻脈性不整脈の代表として心房細動、心房頻拍があげられます。心房細動に血栓塞栓症や心不全が合併し、生活の質を下げることから、より早期にカテーテルアブレーション治療を行い、不整脈の根治を目指しています。

②虚血性心血管疾患(狭心症、無症候性心筋虚血など)
狭心症、無症候性心筋虚血は冠動脈の動脈硬化によって起こり、より重症な急性心筋梗塞と合わせて、生活の質と生命予後を毀損する疾患です。動脈硬化に対する全身的な薬物療法とともに、心臓カテーテル検査(冠動脈造影)による病状の診断に基づき、適応のある患者さんには経皮的冠動脈ステント留置などを用いる冠動脈インターベンション治療を行います。

③肺高血圧症(慢性血栓閉塞性肺高血圧症など)
肺高血圧症は肺動脈の血圧が上昇して息切れなどの症状が起こる難治性循環器疾患ですが、近年、血栓が肺動脈に詰まって起こる慢性血栓閉塞性肺高血圧症については、肺動脈をバルーンで拡張する経皮的肺動脈形成術によって治療ができるようになりました。心臓カテーテル検査によって肺動脈の血管造影や圧力測定に基づき、適応のある患者さんには経皮的肺動脈形成術を行います。

④弁膜症(大動脈弁狭窄症など)
心臓には大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁の心臓弁がありますが、それらの狭窄や閉鎖不全(逆流)は心不全や突然死の原因になります。動脈硬化によって起こる大動脈弁狭窄症は高齢者に多い循環器疾患ですが、従来からの人工弁置換術にならびカテーテル治療が可能となっています。

⑤心不全
心不全は心筋症、心筋炎、虚血性心疾患、弁膜症、不整脈、先天性心疾患などすべての心疾患の終末像であり、労作時の息切れや呼吸困難、臓器循環不全などにより生活の質と生命予後を毀損する病態です。薬物療法とともに補助循環デバイス治療や心臓移植の適用など高度な判断が必要になることから、循環器内科では心不全グループが各疾患グループと連携して診療にあたります。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 251 4.6 3.68 0.4% 68.8
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 143 12.1 12.35 3.5% 64.9
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2:なし 66 15.1 19.92 7.6% 69.5
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 42 15.0 14.83 19.0% 68.0
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:5あり 33 24.5 19.24 0.0% 67.8
当科では、原発性肺癌、間質性肺炎、気管支喘息(難治性)などの治療を主に行っています。

①原発性肺癌、経気管支肺生検等
原発性肺癌の診断のための数日程度の検査入院(主に気管支鏡検査)を行っております。大学病院では合併症のある患者さんも多いですが、超音波気管支鏡などの最新医療機器を用いた安全な検査を提供しています。また、検査時の苦痛を軽減するために鎮静剤を用いた検査も可能です。

②原発性肺癌、化学療法
原発性肺癌と診断され、薬物療法が必要な方に対し、2週間程度の入院治療(主に化学療法)を行っております。外科や放射線科と連携を取り、最適な医療を提供するとともに、臨床試験や治験にも積極的に取り組み、最新の治療を提供しています。

③間質性肺炎
間質性肺炎は、薬剤の副作用や全身疾患に伴うものなど原因が明らかなもの、原因不明の難病である特発性のものなど、種類が多いのが特徴です。抗線維化薬や免疫抑制剤など特殊な薬剤を用いた治療を行いますので、副作用の管理も重要であり綿密な診療を行っております。

④気管支喘息
気管支喘息は気道の炎症により咳、喘鳴、呼吸困難などの症状をきたす疾患で、治療は吸入ステロイドが主体となっています。当科では既存の治療で難治性の気管支喘息に対して抗体製剤などの治療や、気管支壁を加熱して喘息症状を緩和させる気管支サーモプラスティー療法を行っております。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2:なし 14 21.7 17.77 0.0% 62.3
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2:なし 13 28.7 14.52 0.0% 57.1
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:なし 13 26.5 11.74 0.0% 75.0
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2:なし 12 31.3 21.81 25.0% 46.3
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 11 19.4 10.33 9.1% 73.8
当科では、診断名として、1)リウマチ性多発筋痛症、ベーチェット病、2)関節リウマチ、成人スチル病、3)肝細胞癌の血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)、4)AIDS、HIV感染症、5)肝細胞癌、を対象とした診断・治療を主に行っています。

①リウマチ性多発筋痛症
膠原病の一つで、発熱と頸部、肩、腰部、大腿部など四肢近位部の筋痛が急性または亜急性に出現します。50歳以上の中高年に発症し、血液検査でCRPや血沈などの炎症所見が上昇しています。両側性の関節痛を伴うことが多いため関節リウマチを含む他の膠原病との鑑別が必要となることや悪性腫瘍を合併している可能性があるため、これらの検査を入院中に行います。治療は少量のステロイドに効果を示すことが特徴です。診断と治療効果の確認のため平均入院期間は約21日間となっています。

②関節リウマチ
膠原病の代表的疾患の一つで、破壊性の多関節炎による関節の腫れや激しい痛みが主症状です。放っておくと関節の機能が損なわれます。好発年齢は30〜50歳ですが、60歳以降で発症する場合もあります。このため、リウマチ性多発筋痛症との鑑別が必要なる場合があり、当科ではそのような年齢層の患者さんの診療を行うことが多く平均年齢が57歳となっています。抗リウマチ薬による治療が行われます。MRIや関節エコー等による診断と他疾患の除外、治療効果および副作用の確認のために平均入院期間が約28日となっています。

③肝細胞癌の血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)
肝臓から発生する悪性腫瘍で、主にC型またはB型肝炎ウイルスによる慢性肝炎から肝硬変に至り肝細胞癌を発症します。早期の場合、肝細胞癌特有の症状は少なく、定期的な画像検査や血液の腫瘍マーカー検査から診断されることが多い傾向にあります。年齢は40〜50歳以降増加し70歳代で横ばいとなります。治療は外科治療、焼灼療法(穿刺局所療法)、肝動脈塞栓療法が中心で、肝機能の程度を考慮して選択されます。当科では高齢の肝硬変患者さんが肝細胞癌を発症し、肝動脈塞栓療法が選択された方を診療するため平均年齢75歳となっています。CT、MRI、血管造影検査による診断と治療および術後の経過観察のため平均入院期間が約26日間となります。

④AIDS、HIV感染症
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫担当細胞(CD4リンパ球)に感染し免疫不全となる疾患です。主に性交渉など体液を介して感染します。感染後、急性期、無症候期を経て5〜10年で免疫不全による合併症(重症感染症や悪性腫瘍)を発症します(AIDS期)。20〜50歳で診断される場合が多く、主にAIDSを発症された方やAIDS期と予想される方が入院されるため、当科の平均年齢は46歳となっています。合併症の評価と治療を行った後にHIV特異的な治療(内服薬によるウイルス抑制療法)を行い外来治療を継続します。合併症の診断と治療、ウイルス抑制療法を行うため平均入院期間は約31日となっています。

⑤肝細胞癌
③肝細胞癌の血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)と診断までは同様で、高齢の肝硬変患者さんが多いため平均年齢は約73歳です。肝細胞癌と診断され、外科治療が選択された場合は外科に再入院となります。CT、MRI、血管造影検査による診断と治療方針決定のため平均入院期間は約19日間となっています。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 15 4.1 7.52 0.0% 4.3
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2:なし 11 2.8 3.95 0.0% 3
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.12 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2:なし - - 4.19 - -
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病:なし - - 5.33 - -
当救命救急センター・小児救命救急センターでは、小児から高齢者まで、主に①重症外傷、 ②急性腎不全・呼吸不全、③心停止後症候群、④小児救急全般、の治療を24時間行っております。

①重症外傷
交通外傷や災害時での重症外傷(頭部外傷・顔面口腔外傷も含む)に対し、大学病院という高い専門性をもった外傷チームにて診療にあたっています。小児から大人まですべての診療科に24時間対応しています。

②急性腎不全・呼吸不全・循環不全
敗血症、肺炎、外傷、膵炎などで腎代替療法が必要となった急性腎不全や、体外循環管理が必要となった急性呼吸不全・循環不全患者に対し、24時間対応できる設備が整っています。

③心停止後症候群
心停止蘇生後など、脳機能保護のために厳重な体温管理が必要な患者に対し、特殊なカテーテルを挿入し、深部体温を適切に保ちながら全身管理を行います。

④小児救急全般
小児救急に関しては、3次救急に対応する施設の少なさから、けいれん重積や頭部外傷、意識障害に対しても24時間対応しています。小児体外循環管理が行える数少ない施設の1つでもあり、九州全域から広く受け入れております。
産科婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 399 6.4 5.12 0.8% 58.4
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 定義副傷病:なし 136 5.8 4.92 0.0% 60.0
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 94 17.3 13.29 0.0% 49.7
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 83 7.4 4.84 0.0% 60.3
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:7あり 定義副傷病:なし 62 6.3 4.73 0.0% 61.2
当科では①子宮頸がん②子宮体がん③卵巣がんの治療を主に行っています。

子宮頸がんに対しては手術もしくは放射線治療を行います。子宮の摘出方法は単純子宮全摘出術や広汎子宮全摘出術などがあります。手術のみで治療が終了する場合、10-20日間程度の入院が必要です。術後に抗がん剤治療が必要なこともあります。また再発した場合も抗がん剤治療がよく行われます。抗がん剤治療には3-5日程度の短期入院が必要です。

子宮体がんに対する手術では、子宮、両側の卵巣・卵管、リンパ節を摘出することが一般的ですが、病状や全身状態によっては縮小手術や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を行うこともあります。手術のみで治療終了した場合、2-3週間の入院が必要です。術後に抗がん剤治療が必要なこともあります。また再発した場合も抗がん剤治療がよく行われます。抗がん剤治療には3-5日程度の短期入院が必要です。

卵巣がんの治療は手術と抗がん剤治療の組み合わせで行い、3-4週間の入院が必要です。手術では子宮、両側の卵巣・卵管、リンパ節、大網を摘出します。抗がん剤を使用する場合に分子標的治療薬を併用する場合があります。再発した場合も抗がん剤治療がよく行われます。抗がん剤治療には3-10日程度の短期入院が必要です。
総合周産期母子医療センター(母性胎児)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 50 9.4 9.88 0.0% 32.8
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2:なし 38 15.1 20.79 10.5% 32.3
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 34 9.3 6.86 11.8% 31.7
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 29 10.4 9.77 3.4% 33.2
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 29 2.7 6.18 3.4% 0
当科では年間約560例前後の分娩を取り扱っており、そのほとんどがハイリスク妊娠です。DPC診断名としては、1) 既往帝王切開後妊娠、2)切迫早産、3)羊水過少、羊水過多、4)胎児機能不全5) 新生児低血糖、新生児黄疸、新生児一過性多呼吸となっていますが、1)4)は帝王切開になった直接の原因病名で、3)はハイリスク妊娠症例を、5)NICUでの呼吸管理が必要ない児等、産科で対応可能な児の入院管理を反映しています。

1)ハイリスク妊娠で反復帝王切開となる妊婦さんが多いです。当院では基準を満たせば、帝王切開既往の妊婦さんに対する経腟分娩の試行を行っています。

2)当院NICUは在胎22週以降の児を管理可能なため、切迫流早産の入院管理も常時行っており、また、プロゲステロン腟剤を用いた早産予防の臨床研究も行っております。

3)妊娠高血圧症候群や胎児発育不全に対する入院管理を行っています。小児外科疾患、小児循環器疾患の患児への対応も可能であり、胎児異常の児も全般的に対応可能です。また、多胎妊娠や膠原病、血液疾患、脳血管障害、成人先天性心疾患等の合併症妊娠へ数多く対応しています。

4)胎児疾患や胎児発育不全の児が胎児機能不全と判断された場合等は帝王切開分娩を選択します。また、分娩経過中に胎児心拍のモニタリングで急な児の娩出を要する異常を認めた場合などには帝王切開分娩や吸引分娩、鉗子分娩を考慮します。

5) 当科では低出生体重児やSGA児、LGA児に対して産科での入院管理を行っています。また、新生児黄疸に関しても産科入院管理で、光線療法を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2:2あり 66 27.8 41.96 0.0% 5.6
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2:2あり 59 7.5 13.96 0.0% 6.9
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 46 2.4 7.65 0.0% 7.9
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 40 3.1 4.39 0.0% 5.2
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2:4あり 27 8.8 17.48 0.0% 13.5
九州で唯一の小児がん拠点病院として、多くの小児がん患者の入院治療を行っています。関連する多くの診療科と協力して、抗がん剤による治療だけでなく造血幹細胞移植も行っています。先天性心疾患の手術例も増えており、入院でのカテーテル検査も多いです。小児歯科と連携して障害のある子どもの全身麻酔下での歯科治療も多く受け入れております。

①急性白血病(手術あり)
小児期に起こるがんの中で最も多いものが急性白血病です。診断のためまた治療効果判定のために骨髄検査を行います。日本国内で決められた治療計画に基づき、抗がん剤を定期的に投与する治療が必要です。抗がん剤を投与するためには点滴が必要ですが、点滴の針を頻回に差し替える負担を軽減するために「中心静脈カテーテル」を確保して治療を行うことがあります。

②急性白血病(手術なし)
急性白血病の治療では抗がん剤の投与のため、また治療効果および抗がん剤副作用の確認のために頻回の採血が必要になります。「中心静脈カテーテル」を用いることが多いですが、末梢挿入式中心静脈カテーテルを用いることで、中心静脈カテーテル挿入に伴う合併症を減らすことができるため、体格によってはこちらを利用しています。

③う歯
ハンディキャップのある小児では口腔内の衛生を保つことも困難であり、高頻度でう歯が生じます。重度のハンディキャップまたは重症の全身合併症がある場合には、外来での歯科治療が困難であり、入院して全身麻酔下に多くの歯に対して一度に歯科治療を行っています。

④先天性心疾患(カテーテル検査のための入院)
先天性心疾患では心電図や心エコーの検査に加えて、造影剤を用いた詳細な心臓カテーテル造影検査を行います。とくに手術の適応の判断に、正確な血行動態の評価(肺体血流比や肺血管抵抗の測定)が必要なとき、先天性心疾患の形態異常が非侵襲的検査では十分に評価できないときに行います。肺動脈の狭窄を広げるようなカテーテル治療も行います。

⑤骨の悪性腫瘍
小児がんの中には骨を原発とするものがあり、骨肉腫およびユーイング肉腫が代表的です。整形外科と連携して手術と抗がん剤による化学療法を組み合わせて治療を行います。がんの広がりを確認するために全身の画像検査を行い、病理所見と組みわせて病期を判断して適切な治療を行い、必要であれば自己末梢血幹細胞移植を併用した、大量化学療法を行います。
外科(消化管外科(1)、胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科、呼吸器外科(1)、乳腺外科(1)、内分泌外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 81 8.0 11.06 4.9% 73.4
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 55 27.9 24.96 7.3% 62.9
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2:なし 51 7.9 6.59 5.9% 58.6
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2:なし 47 11.6 10.30 0.0% 60.5
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 45 14.0 17.65 2.2% 66.9
当科では、肝臓・胆道・膵臓疾患を中心に、消化管・乳腺・肺・縦隔・甲状腺内分泌疾患の外科治療を行っております。多くは癌を中心とした悪性腫瘍ですが、胆石や炎症性腸疾患などの良性疾患にも対応しております。いずれの疾患においても、患者さんの体への負担が少ない鏡視下手術を積極的に行っております。また、1型糖尿病や慢性腎不全に対する膵臓移植・腎移植を数多く行っております。

①胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等
胆石は胆汁中のコレステロールやビリルビンが結晶となり形成されます。胆管に石ができたものを胆管結石といいます。結石が胆管をふさぐことにより腹痛、発熱、黄疸を呈し急性胆管炎の状態となります。治療法は体への負担の少ない内視鏡的胆管結石切石術が主流で、胆管の出口(十二指腸乳頭部)を広げ(内視鏡的乳頭括約筋切開術)切石(石を採ること)します。

②膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等
膵臓の腫瘍には、膵癌などの悪性腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍、粘液嚢胞性腫瘍、神経内分泌腫瘍、充実性乳頭腫瘍などの良性~境界悪性腫瘍があります。腫瘍が膵頭部に位置する場合は、膵頭十二指腸切除術、膵体部から尾部に位置する場合は膵体尾部切除術、膵頭部から体尾部に広く及ぶ場合は膵全摘術を行います。

③乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 および 単純乳房切除術(乳腺全摘)等
乳癌の手術に対しては、病状により乳腺(乳房)は部分切除または(全)切除、腋窩リンパ節はセンチネルリンパ節生検または腋窩リンパ節郭清をそれぞれ選択することになります。乳腺部分切除+センチネルリンパ節生検(K4762)の場合、腋窩部にドレーンをいれることがありませんので入院期間は約7日間と短くなります。

④胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等
胃癌は胃の粘膜から発生し、進行に伴って広がり、さらに深く浸潤していきます。特徴的な症状はなく、しばしば進行癌の状態で見つかります。胃の中心付近は胃体部、出口付近は前庭部と呼ばれ、転移の可能性がある周囲のリンパ節を含めた外科的胃切除術が最も根治の可能性が高い治療となります。当科では、身体への負担が少なくなるよう、ほぼすべての胃切除を腹腔鏡を用いて行っています。

⑤慢性腎不全 1型糖尿病 等
慢性腎不全の原因はさまざまですが、腎不全に対する腎代替療法の一つとして、生体腎移植および脳死/心停止下での腎移植を行っています。生体腎移植は透析導入前に行うことも可能です。膵臓からのインスリン分泌が枯渇する1型糖尿病に対しては脳死下膵移植、腎不全を併発する際には脳死下膵腎同時移植を行っています。
外科(消化管外科(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、乳腺外科(2)、血管外科)
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2:なし 155 13.1 12.73 5.2% 68.4
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 92 5.1 9.93 2.2% 59.1
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2:4あり 定義副傷病:なし 78 10.0 9.82 6.4% 64.8
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2:1あり 48 22.2 20.56 4.2% 68.5
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2:なし 45 9.2 10.30 2.2% 58.2
当科では①肺がん②肝移植後の胆管炎、胆管狭窄③食道がん④肝がん⑤乳がんの治療を行っています。

①肺がん
肺癌は近年増加している癌であり、60〜70歳代が好発年齢です。喫煙と関連がありますが、非喫煙者でも増加傾向にあります。検診のレントゲンやCTなどで発見されますが、血痰などを契機に発見されることもあります。早期に発見されれば手術が治療の中心になりますが、進行した状態では、手術以外の治療を行います。転移性肺腫瘍は、大腸癌などの他臓器の癌が肺に転移したもので、他臓器癌の検査中や治療後の経過観察中に発見されます。元々の癌の状態によりますが、手術を行うことがあります。入院期間は術式によりますが、肺癌の手術では平均で14日ほど、転移性肺腫瘍では平均9日ほどです。

②胆管狭窄症(肝臓移植後)
当科においては肝移植数が700例を超え、現在は年間の肝移植数が50〜60例を超え、多くの患者さんを治療しています。一方で主に生体肝移植では胆管という消化液が流れる管を移植する肝臓で吻合する必要がありますが、非常にデリケートであるため、術後の晩期合併症として胆管狭窄というものがあります。結果的に狭窄した胆管にステントを入れる治療が必要であるため、この治療数が多いことになっています。

③食道がん
食道癌は、食道の粘膜上皮から発生する癌で、飲酒・喫煙が癌発生のリスク因子です。中高年の男性に発生しやすく、食事のつかえ、胸の痛み、かすれ声などが主な症状です。食道癌の治療は内視鏡による治療、手術、放射線療法や化学療法による治療にわかれます。当科では、放射線療法、化学療法と手術を組み合わせた集学的治療により、治療成績のさらなる向上を図っています。患者さんによっては、まだ日本では未承認の治験薬も使用しています。入院日数は治療内容により異なりますが、一般的な手術であれば3週間程度です。

④肝がん
当科における肝切除総数は2800例を越え、全国的にも極めて高い評価を頂いています。肝癌に対しては、肝切除を中心に、焼灼療法(RFA or MCT)、Lipiodolization、肝移植とそれぞれの症例の肝機能や肝癌の状態に応じてベストの治療を選択しています。肝切除に関しては、低侵襲化を目指した腹腔鏡下肝切除を導入して良好な成績をおさめています。

⑤乳がん
乳がんは罹患数、死亡数ともに増加しており、現在日本で、罹患数は1位、死亡数は5位となっています。特に、40歳代、50歳代の方が最も多く、30歳前半でかかる方も少なくありません。乳がんの治療においては、手術はもちろんの事、抗癌剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などによる薬物治療、放射線療法などさまざまな治療を患者さん個人の特性に合わせて行います。手術の入院期間は部分切除術で約3日、乳房切除術で約1週間で、早期社会復帰を目指した治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 197 25.3 24.42 42.1% 64.5
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2:3あり 100 4.6 10.19 1.0% 53.8
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 25.6 26.26 57.1% 76.0
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 79 8.9 10.14 2.5% 64.9
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 49 18.1 11.91 4.1% 31.8
当科では①変形性股関節症、大腿骨頭壊死、②大腿軟部悪性腫瘍、殿部悪性軟部腫瘍、腰部軟部悪性腫瘍、③変形性膝関節症、④変形性股関節症(貯血)、⑤十字靭帯断裂、半月板損傷、の治療を主に行っています。その他、変形性脊椎症、脊柱側弯症、関節リウマチ、足部疾患、肩・上肢疾患等の治療を行っています。

①変形性股関節症、大腿骨頭壊死
変形性股関節症は、いわゆる股関節の“軟骨がすり減ってしまう”病気です。その“きっかけ”はいろいろとありますが、日本では骨盤側の形態異常である寛骨臼形成不全症が原因の患者さんが多くおられます。関節症が進行している場合には、人工股関節全置換術の適応となります。手術の詳細については、6)診療科別主要手術別患者数等をご覧ください。

②大腿軟部悪性腫瘍、殿部悪性軟部腫瘍、腰部軟部悪性腫瘍
軟部の悪性腫瘍:軟部の悪性腫瘍は、筋肉や皮下組織などの軟部組織に発生する悪性腫瘍のことで、四肢・体幹部のさまざまな部位に発生し、軟部肉腫とも呼ばれます。軟部肉腫は、稀な疾患ですが、当科には肉腫を専門とする医師が複数人勤務しており、近隣のみならず遠方からも多くの患者さんが紹介され治療しています。当科では、手術のみでなく化学療法も行なっており、両者を組み合わせた集学的治療を実践しております。

③変形性膝関節症
変形性膝関節症は、加齢・肥満・生活様式などを原因として、膝関節表面に存在する軟骨が変性する疾患です。関節の変形を認め、主な症状は動作時の痛みであり、関節の滑らかな動きの機能も障害されます。痛みや動きが悪くなったことで、歩行などの日常生活動作に不自由があり、お薬や関節内注射などの保存療法では効果がない場合は手術(人工膝関節置換術など)の適応となります。手術の詳細については、6)診療科別主要手術別患者数等をご覧ください。

④変形性股関節症(貯血に関して)
股関節の人工関節置換術や骨切り術に際して、主に外来で行っている自己血貯血及び術前検査を、手術1ヶ月程度前に1週間の短期入院で行います。遠方にお住まいの方や歩行障害の強い方で複数回の来院が困難な患者さん、糖尿病のコントロールや全身合併症の精査が必要な患者さんが適応になります。自己血を1回もしくは2回貯血(計400~800mL)して保存、手術時に使用します。

⑤十字靭帯断裂、半月板損傷
前十字靱帯断裂は、スポーツによる膝外傷として発生することが多く、早期のスポーツ復帰と続発する変形性関節症を予防するために再建術を行うことが一般的です。膝診察・画像評価を十分に行い、手術加療と術後のリハビリテーションによって良好な治療成績が得られます。半月板損傷は、スポーツによる膝外傷によるもの、また日常動作の中でも損傷することが多くあります。正常の半月板は、荷重の分散や関節面の安定性に寄与する組織ですが、損傷して不安定な部位があるとひっかかり感、痛みなどの症状が出現します。治療は、症状の改善と将来の関節症予防のため、縫合可能なものは縫合術を選択し、その他のものは部分切除を行います。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:2あり 39 6.4 5.52 5.1% 45.2
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 35 5.5 3.20 0.0% 58.9
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 31 22.4 22.47 3.2% 54.7
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 24 7.5 11.54 8.3% 52.7
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等2:なし 手術・処置等1:なし 19 18.6 17.77 0.0% 48.2
当科では、脳血管障害 (脳動脈瘤、内頚動脈狭窄症、もやもや病 等)、脳腫瘍 (髄膜腫、神経膠腫、下垂体腺腫)、てんかん、小児脳神経外科などの幅広い疾患に対応し診療しています。脳血管撮影やPET、MRIなどの様々な検査の結果をもとに、最先端の技術で患者さんのニーズにあった治療を行います。

①もやもや病、内頚動脈狭窄症
もやもや病は小児の脳卒中の原因として代表的で、過呼吸時に一過性の脱力発作を起こすのが特徴です。成人では脳出血を引き起こすことがあります。当科ではもやもや病の専門外来を行なっております。症状の有無や脳血流を参考に血行再建術を行います。
内頚動脈狭窄は脳梗塞の原因となり、狭窄の程度により治療が必要です。当科では頚動脈内膜剥離術や頚動脈ステント留置術を行なっています。

②脳動脈瘤
脳の動脈がコブ状に膨らんだ状態です。多くの方は無症候ですが、動脈瘤による脳神経圧迫や、破裂によりくも膜下出血を起こし、致死的または重篤な後遺症を残すことがあります。サイズや形状などを参考に治療方針を決定します。当科では開頭クリッピング術、コイル塞栓術、さらにカテーテルと外科手術を融合させたハイブリッド術が可能です。

③髄膜腫
脳を包む“髄膜”より発生する良性腫瘍です。近年の日本脳腫瘍統計では、脳腫瘍の20%以上をしめる代表的な脳腫瘍です。頭痛や腫瘍周囲の脳を圧迫することで様々な症状を引き起こします。症候の有無、サイズ、部位やを参考に治療方針を決定し、外科的治療を選択した場合は腫瘍摘出に先立ち腫瘍栄養血管の塞栓を行うことがあります。

④脳腫瘍
脳腫瘍は転移性脳腫瘍や神経膠腫、悪性リンパ腫など多岐にわたり、診断により治療法が異なります。代表的なものとして悪性神経膠腫は術後にテモゾロミドを中心とした化学療法や放射線治療を行いますが、当科では遺伝子解析に基づき治療選択を行なっております。また、最近認可されたカルムスチン脳内留置剤や抗血管新生分子標的薬であるベバシツマブも積極的に使用しています。

⑤下垂体腺腫
内分泌機能をつかさどる下垂体に生じた腺腫です。下垂体機能異常や視力•視野異常を発見されますが、近年は脳ドックを機に無症候で見つかることもあります。下垂体機能異常があれば術前•術後に内科的に内分泌機能評価を依頼します。下垂体腺腫に対しては手術加療が勧められますが、プロラクチン産生腺腫や成長ホルモン産生腺腫、甲状腺刺激ホルモン産生腺腫などでは、薬物治療が選択されることもあります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 86 22.4 24.70 29.1% 64.3
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1:なし、1,3あり 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 52 10.3 11.38 5.8% 73.2
050080xx9701xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1:なし、1あり 手術・処置等2:1あり 41 20.0 23.73 31.7% 84.3
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2:なし 28 29.6 25.84 0.0% 7.8
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2:1あり 定義副傷病:なし 16 15.1 16.98 6.3% 74.9
当科では、弁膜症(連合弁膜症を含む)、徐脈性不整脈、先天性心疾患、胸部大動脈疾患、腹部大動脈疾患の治療を主に行なっています。

①大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、肺動脈弁閉鎖不全症など
心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、他)による心不全あるいは突然死を含めた生命予後の改善のために手術を行っています。人工弁置換術または弁形成術を行い、可能な限り弁形成術を行う方針としています。身体への負担が少ないように、手術の低侵襲化にも積極的に取り組み、小切開・小開胸手術も導入しています。

②徐脈性不整脈
徐脈性不整脈とは、洞不全症候群や完全房室ブロック、徐脈性心房細動といった脈が遅くなる不整脈のことです。時に失神や心不全の原因となり、その予防のためにペースメーカーが必要となります。また、ペースメーカーは電池で作動しているため、ある時期になると電池消耗のために電池交換(本体交換)を行わなければなりません。最近ではリードレスペースメーカーという新しい小型のペースメーカーが登場し、当科でもリードレスペースメーカーの手術を受けることも可能です。

③大動脈弁狭窄症
高齢化に伴い大動脈弁狭窄症の患者さんは増加しています。重症の大動脈弁狭窄症に伴い、狭心症、失神、心不全症状が出現しますが、生命予後の改善のためには手術が必要となります。

④先天性心疾患
先天性心疾患には様々な病態があります。チアノーゼ(低酸素血症)を伴うファロー四徴症や完全大血管転位症、非チアノーゼ性心臓病である、心室中隔欠損症や心房中隔欠損症、動脈管開存症があります。通常は2心室(左心室と右心室)形態を持っていますが、単心室症(左もしくは右心室が小さい)の場合には、段階的にグレン手術やフォンタン手術を行い、チアノーゼの改善を目標にします。

⑤胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤
大動脈瘤はほとんど症状がないまま進行し、破裂する直前になって痛みがでる病気です。破裂した場合、ほとんどの方は助かりません。よって、破裂する前に発見、治療を行うことが大事です。発見にはCT検査が非常に有効です。70歳以上の方、高血圧や喫煙者に特に多い病気ですので、一度検査されることをお勧めします。
小児外科、成育外科、小腸移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 115 2.1 7.65 0.0% 5.7
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 28 2.8 7.44 0.0% 9.6
060200xx01xxxx 腸重積 腸重積症整復術 非観血的なもの 22 2.6 3.15 0.0% 1.5
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 6.4 5.60 0.0% 9.1
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 18 3.0 3.29 0.0% 2.9
当科では鼠径ヘルニア、停留精巣、腸重積、急性虫垂炎などのような日常疾患から、食道閉鎖、直腸肛門奇形のような稀少な先天性新生児外科疾患まで幅広く対応し治療を行います。治療対象は原則新生児から15歳までですが、胆道閉鎖などのように長期にわたり治療の継続が必要な場合、成人になっても当科で治療を行います。又、胃食道逆流症などの検査入院を行ったり、小児歯科などの他科治療時の全身入院管理も行います。本院は小児がん拠点病院であり、外科的治療に関して担当しています。

胃食道逆流症は、胃の内容物が食道に逆流することにより、嘔吐する、もしくは体重増加が悪い、呼吸器感染症を繰り返しやすいなどの症状をおこすものです。乳児は生理的に胃食道逆流症をおこしやすいのですが、年長児で症状が続く場合は、1泊2日のインピーダンスモニタリングなどの検査入院を行い診断を行います。また、脳性麻痺などのお子さんで、胃瘻造設が望ましい場合にも胃食道逆流症の合併を確認するために同じ検査を行っています。

腸重積症は主に乳幼児にみられ、血便、繰り返す腹痛などでみつかることが多く、腸管の中に別の腸がはまりこんでいる状態です。血流障害をおこすため、いそいで戻す(整復)必要がありますが、多くの場合は肛門から造影剤(もしくは空気)で圧をかけて戻すことができます。それでも戻らない場合は、開腹して手で押し戻すか、腸管切除が必要になる場合があります。高圧浣腸で整復できれば1泊2日の観察入院を行います。

急性虫垂炎(いわゆる盲腸)は、小学生、中学生に多くみられますが、3歳くらいの幼児期から発症することもあります。成人ほど右下腹部痛がはっきりしないことも多く、症状がすすんでから診断、治療となる場合が多いです。当科では、腹腔鏡手術を第1選択していますが、症状の進み具合により、緊急手術を行う場合と、一旦抗生剤治療で落ち着かせたのちに手術を行う待機的手術(interval appendectomy)を行う場合があります。手術入院時の入院期間は5〜7日程度です。膿瘍などの合併があり、保存的加療時はおおよそ3週間程度の入院を要します。

精巣は通常1歳までに陰嚢底まで下降しますが、その途中で止まってしまう場合があり、その場合を停留精巣といいます。具体的には精巣を陰嚢内に触知しないことで気がつかれます。全く触らない場合は1〜2歳での早期手術が現在推奨されており、至適手術時期を逃さないように検査、手術を行っています。また、下降はしているものの、不十分な場合や移動精巣に関しては、本当に手術が必要か十分確認してから幼児期に手術を検討いたします。一期的に手術を行った場合は、3日〜4日の入院期間を要します。

胆道閉鎖症は出生後便色がうすくなり、また黄疸がひかないことで気付かれる病気で、生後60生日にまでに根治術をうけることが推奨されています。しかし、術後の胆汁排泄が不十分で、胆汁性の肝硬変がすすみ、食道静脈瘤の合併や、肝不全のため肝移植の適応となることもあります。当科では初回根治術から、合併症の治療、肝移植まで、継続して治療を行っています。本疾患は小児慢性特定疾患且つ、指定難病です。

先天性横隔膜ヘルニアは生まれつき横隔膜の形成されないか十分な強度がなく、患側の胸腔内に腸管などの臓器が陥入して肺の成長を妨げ、呼吸不全、循環不全を合併する新生児外科稀少疾患です。多くは出生前に診断され、当院の周産母子センターでの管理となります。出生後も人工呼吸器や最重症例では膜型人工肺(ECMO)を装着し、循環の安定を待って根治術を行います。当院では北部九州、山口の重症症例が集まる、地域の中心施設です。本疾患は小児慢性特定疾患且つ、指定難病です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 17 6.4 5.80 0.0% 26.5
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 13 13.7 10.00 15.4% 61.8
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1:なし 11 5.5 6.19 0.0% 48.3
140190xx97xxxx 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖 手術あり - - 12.33 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
当科の特徴は、他科(耳鼻咽喉・頭頸部外科、整形外科、外科)との合同手術で、頭頸部がんや四肢・体幹の悪性腫瘍切除後の再建など、再建手術が多い点があります(年間100例以上)。形成外科単独では、①顔面損傷②リンパ浮腫③瘢痕④小耳症⑤眼瞼下垂の治療をおもに行っています。

①顔面損傷
交通事故、転倒などで顔面の挫傷、骨折を生じた方の治療を行っています。特に骨折に対しては、ナビゲーションシステムを用い、正確な再建を行っています。入院日数は、外傷の程度により異なり、3日での退院が可能になる疾患から、重症であれば1ヶ月以上となります。

②リンパ浮腫
婦人科手術などでリンパ節郭清を受けられた患者さんは、術後に足のむくみが出現する場合があります。リンパ管と静脈を顕微鏡下に吻合する手術(リンパ管細静脈吻合)を行い、術後も保存療法を継続的に行うことで、浮腫の改善だけでなく、浮腫に伴う自覚症状(皮膚の硬さ、だるさなど)、炎症の軽減などの効果を認めています。術前に一週間入院して状態を改善して手術を行い、術後一週間で退院となります。

③瘢痕拘縮
皮膚に残る傷跡(きずあと)を一般に「瘢痕」と呼びます。瘢痕の原因は、やけど、交通事故、転倒などさまざまですが、手術によっても瘢痕が残ります。瘢痕を外科的に切り取り、再度丁寧に縫合することで改善が期待できます。特に重症の瘢痕であるケロイドに対しては電子線照射を追加し、再発を予防しています。入院日数は3日程度になります。

④小耳症
小耳症は耳の先天異常のうち変形が一番強いもので、耳の形が完全にできあがらなかったため、耳が小さいものを呼びます。当科では肋軟骨を耳の軟骨の形態に加工し、耳の後ろの皮下に移植、その後何度か形成手術を行うことで形態を正常の耳に近づける治療を行っています。学童期に治療を行うことが多いため夏休み、冬休みなどを利用して手術を行っています。

⑤眼瞼下垂
眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが正常の位置より下がっている状態をいいます。このことにより、視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりといった不都合が起こります。当科ではほとんどの眼瞼下垂手術は局所麻酔で行い、術中に眼瞼の形態、視野を患者さん本人に確認していただくことで、より満足度の高い手術を行えるよう努力しています。
先端医工学診療部
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100120xx97xxxx 肥満症 手術あり 41 10.0 18.79 0.0% 44.5
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 7.44 - -
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし - - 9.40 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.57 - -
当診療部では、病的肥満症に対する外科的治療を主に行っています。手術症例数は年間40例以上であり、全国のhigh volume centerの一つです。九州はもとより全国からの紹介をいただいています。外科・内科・心療内科・麻酔科医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士など多職種が密接に連携したチーム医療を行い、きめ細かい質の高い医療を提供しています。

病的肥満症に対する外科的治療は通常、BMI35kg/m2以上の肥満、BMI32以上の内科的治療に抵抗性の糖尿病などの代謝性疾患を2つ以上持つ肥満症に対して行われます。ほとんどの場合、腹腔鏡下に行われるため術後の回復も早く、約1週間で退院可能です。手術により、著明な体重減少とともに糖尿病、高血圧、高脂血症、睡眠時無呼吸症候群、逆流性食道炎などの合併症も高率に治癒させることができるのが、本治療の特徴です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1:なし 66 4.1 4.28 0.0% 42.8
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 52 9.4 8.78 0.0% 72.3
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2:3あり 27 6.4 10.19 0.0% 67.1
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1:なし 23 4.3 4.19 0.0% 10.8
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 22 13.2 14.87 4.5% 65.0
皮膚科では①悪性黒色腫、②有棘細胞癌、③基底細胞癌などの悪性腫瘍、脂肪腫、脂腺母斑、
色素性母斑などの④良性腫瘍の治療を主に行っています。

①悪性黒色腫
黒いシミやホクロのような病変として発症し、次第に拡大、隆起してきます。進行するとリンパ節や内臓に転移します。転移がない場合、転移がリンパ節のみの場合は手術を行います。転移をしていて手術ができない場合は免疫療法や化学療法により治療します。リンパ節転移の有無を判定するため、センチネルリンパ節生検を行うことがあります。

②有棘細胞癌
高齢者の顔に発症することが多い皮膚癌です。転移がない場合、転移がリンパ節のみの場合は手術を行います。転移をしていて手術ができない場合は化学療法や放射線療法により治療します。

③基底細胞癌
高齢者の顔に発症することが多い皮膚癌で、黒い光沢のある結節のことが多いです。転移することはほとんどなく、手術により治療します。

④良性腫瘍
脂肪腫、脂腺母斑、色素性母斑などさまざまな良性腫瘍の切除を行っています。
泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 91 14.6 13.39 0.0% 66.4
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 定義副傷病:なし 77 8.6 7.85 1.3% 73.0
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2:なし 手術・処置等1:なし 37 9.0 7.44 0.0% 70.1
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 36 16.4 12.52 5.6% 67.2
110080xx9906xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:6あり 31 7.2 4.27 0.0% 67.5
当科では、①前立腺悪性腫瘍、②膀胱悪性腫瘍、③腎悪性腫瘍の治療を主に行なっています。

前立腺は男性のみにある臓器のひとつです。前立腺癌は比較的高齢男性に多い疾患で、我が国でも男性のがん患者の中で最も多い疾患です。この原因としては生活の欧米化が関与しているのではないかと考えられています。前立腺癌は、早期に発見されればそれほど怖い物ではありません。前立腺癌と診断された方は、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。

膀胱がんは膀胱上皮が悪性変化したもので、膀胱内に多発性に発生することが多く、男女比では約3倍男性に多いがんです。痛みなどの症状を認めない血尿(無症候性血尿)が最も膀胱がんを疑う症状としてあげられます。一度でも肉眼的血尿を認めた方は、泌尿器科診察をお受けになられることをお勧めします。また、膀胱癌と診断された方は、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。

腎臓にできる腫瘍の大半は悪性で腎がんと呼ばれます。発生頻度は人口10万人あたり2.5人程度です。男女比は約3:1で男性に多い傾向があります。病気の完治を目指す場合、現在手術以上のものはありません。当科においても腎癌の患者様には手術を第一にお勧めしています。最近は患者様の術後の回復が早い、ロボット手術、腹腔鏡下手術を選択する機会が増えつつあり、是非とも当科にて治療のご相談をされてください。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 156 9.6 10.53 0.0% 50.9
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 135 15.3 9.15 0.7% 63.7
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:なし 54 12.1 7.72 0.0% 70.2
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2:なし 52 8.8 3.44 0.0% 67.5
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 37 8.4 6.76 0.0% 53.0
眼科では診断名として、①裂孔原性網膜剥離、②緑内障、③糖尿病網膜症、網膜前膜、黄斑円孔、④眼瞼下垂、⑤眼瞼腫瘍などの治療を主に行っています。

①裂孔原性網膜剥離
網膜剥離は若年者から高齢者まで起こり得る疾患です。若年者では外傷性が多く、中高年では後部硝子体剥離に伴うものが多くなります。若年者では眼球壁にシリコン製のバックル材料を縫い付ける強膜内陥術を行うことが多く、中高年では白内障手術も同時に行う硝子体手術が主体となります。両方の術式で入院期間は1週間程度となっています。

②緑内障
緑内障は多くの場合、初期の自覚症状に乏しく慢性に進行する疾患です。眼圧の高いものと眼圧の正常のものがあり、日本人には眼圧の正常な正常眼圧緑内障の割合が多いと言われています。緑内障の手術には大きく分けて2種類あり、一つは眼球内の水分を眼外に導出する線維柱帯切除術、もう一つは眼球内の水分の排出口を拡大する線維柱帯切開術があります。最近ではそれぞれの手術から派生した、様々なインプラント手術も行っています。入院期間は手術の種類によって異なりますが、1週間〜2週間となっています。

③網膜前膜
網膜前膜は眼球内の視力が出るのに重要な黄斑部にカサブタのような組織ができる疾患です。40歳以上に多く、初期には無症状ですが、進行すると歪視(歪んで見える)や視力低下を引き起こします。視力が良好でも歪視で生活に支障がある場合は早期に手術を行っています。入院期間は1週間程度となっています。

④眼瞼下垂
眼瞼下垂はまぶたが下がってしまう疾患です。整容的な問題もありますが、重症例では日常生活に支障が出る場合もあります。特に先天性では視力発達に問題が出る場合があり、早期の手術が必要になります。原因によって様々な手術法がありますが、眼瞼を引き上げる力が残っている場合には挙筋短縮術を行い、引き上げる力が無いもしくは乏しい場合には眼瞼吊上げ術を行います。入院は3日間程度です。

⑤眼瞼腫瘍
眼瞼腫瘍は高齢者に発生することが多い疾患です。良性から転移の可能性のある悪性腫瘍まで様々な疾患があります。治療の基本は病変の切除であり、当科では単純切除(切り取って縫い縮める)から軟骨を用いた眼瞼の再建まで幅広く対応しています。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 67 9.6 7.75 0.0% 52.8
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他) 手術あり 58 5.3 8.99 0.0% 17.5
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 52 7.1 9.36 0.0% 48.1
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 定義副傷病:なし 47 13.0 14.06 4.3% 62.1
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:3あり 39 73.8 37.93 5.1% 61.3
診断名として、①唾液腺腫瘍、②高度感音性難聴、③中耳疾患(真珠腫性中耳炎・化膿性中耳炎)、④頭頸部悪性腫瘍、⑤慢性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎を対象とした治療を主に行っています。症例数は多く、福岡県内のみならず山口・九州各県より患者さんをご紹介いただき、難易度の高い症例や、複数の合併疾患がある患者さんの治療を多く含んでいるのが特徴です。ここに挙げた疾患のほかに喉頭疾患に関しても積極的に治療行っております。

①唾液腺腫瘍
唾液腺(耳下腺、顎下線、舌下腺、小唾液腺)は耳下部、顎下部、口腔内にある器官です。これらの場所に腫瘍が形成されることがあり、同部位の腫脹により気づかれて受診される方が多いです。基本的には、手術加療が第一選択となります。たとえば、比較的頻度の多い耳下腺腫瘍および顎下腺腫瘍では、顔面神経刺激装置を使用して安全に治療が行えるように配慮しております。良性腫瘍であれば、術後1週間以内で退院が可能です。

②高度感音性難聴
両側高度感音性難聴の方に「人工内耳」を入れる手術を行っています。人工内耳は、現在世界で最も普及している人工臓器の1つで、補聴器での装用効果が不十分な高度難聴者にとっては唯一の聴覚獲得法です。人工内耳植込み手術は通常3-5日程度の入院を要します。

③真珠腫性中耳炎
真珠腫性中耳炎は、周りの骨を溶かして成長を続ける治療困難な病気です。耳漏、難聴、眩暈症状が出ることがあります。薬で改善することは難しく、手術治療となります。真珠種性中耳炎に対する鼓室形成手術は通常3-7日程度の入院を要します。

④頭頸部悪性腫瘍
頭頸部とは眼球/脳を除く鎖骨上の部位で、頭頸部悪性腫瘍には舌癌をはじめとした口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、鼻・副鼻腔癌が含まれます。当科では、手術、化学療法(動注化学療法)、放射線療法を組み合わせた治療プロトコールにより、機能を温存した根治治療を目指しております。手術の際には機能再建を前提に、形成外科と密に連携を取っています。個々のケースによりますが、約1-3か月程度の入院が必要です。

⑤慢性副鼻腔炎
慢性副鼻腔炎は、顔の骨の中にある空洞(副鼻腔)に炎症が起こり、それがなかなか治らない状態を指します。治療は、まずは保存的治療(抗生剤や去痰剤、特殊な好酸球性副鼻腔炎の場合は、抗ロイコトリエン拮抗薬や鼻噴霧用ステロイド薬)を行いますが改善がない場合は手術治療を行います。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:2あり 85 12.4 6.56 0.0% 55.6
100020xx99x5xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 71 12.7 8.89 0.0% 51.3
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:3あり 定義副傷病:なし 50 22.6 9.60 6.0% 63.5
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2:なし 45 14.7 12.52 2.2% 67.4
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2:2あり 27 25.9 24.03 22.2% 65.9
当科では、①甲状腺癌、②転移性脳腫瘍、③腎細胞癌、④転移性骨腫瘍、⑤前立腺癌の治療を主に行なっています。

①甲状腺癌
甲状腺癌は、女性に多い疾患で好発年齢は30-60歳です。喉のしこりや嗄声などの症状で見つかることが多いですが、超音波検査など画像検査で偶然見つかる場合もあります。画像検査や細胞診で診断され、治療は外科的切除が原則です。当科では、切除後の残存甲状腺のアブレーションや、再発・転移病変に対する治療目的にて、放射線ヨウ素内服療法を行っています。

②転移性脳腫瘍
転移性脳腫瘍は、他臓器の癌が血流にのって頭蓋内に到達して生じます。脳転移を来しやすいものは、肺癌や乳癌です。外科的手術が施行されることもありますが、多発することもしばしばで、多くの症例で放射線治療が施行されます。病変が5個以上であれば全脳照射にて、それより少なければ定位照射にて治療を行っています。当院当科で行っている定位放射線治療は、病変を正確に狙って治療することが可能です。

③腎細胞癌
腎細胞癌は、中年以降の男性に多い疾患です。血尿や痛みなどの症状の他に、偶然に画像検査で発見される頻度が増えています。これまでは、手術が標準治療でしたが、低侵襲な凍結療法が保険適応となり、当院当科でも2014年より導入しました。腎機能温存が可能で、手術と同程度の治療成績が得られており、手術の難しい高齢者や併存疾患のある方、腎機能が低下した方にも治療可能です。

④転移性骨腫瘍
転移性骨腫瘍は、他臓器の癌が血流にのって骨に到達して生じます。様々な臓器の癌から、あらゆる部位の骨に生じます。放射線治療は、痛みのある部位に対して、症状緩和目的に施行されます。

⑤前立腺癌
前立腺癌は、60才以上の男性に好発し罹患率は近年上昇しています。排尿困難や頻尿などの症状がありますが無症状であることも多く、腫瘍マーカー(PSA)がスクリーニングに有用です。治療として、外科的手術、ホルモン療法、放射線治療が行われます。当院当科では、三次元原体照射、強度変調放射線治療、小線源治療といった高度な技術と設備を要する放射線治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 198 43 19 63 15 105 1 7
大腸癌 119 57 110 71 10 155 2 7
乳癌 166 113 25 9 6 48 1 7
肺癌 127 53 84 121 69 320 1 7
肝癌 12 46 22 19 21 224 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、全入院患者の約40%ががん患者さんです。このうち、5大癌の初発症例をステージ別に示しています。全ての臓器で初期のがんから進行期のがんまで幅広く診療・治療を行っています。また再発症例の治療も積極的に行っています。病期分類の基準とその版数は、「平成28年度 DPC導入の影響評価に係る調査」に従って示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
成人の市中肺炎(*1)につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。

◇重症度分類は、A-DROPスコア(*2)を使用しています。
◇重症度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

*1 市中肺炎:通常の社会生活を送っている中で発症した肺炎です。
  通常はインフルエンザ等によるものも含みますが、本指標では対象外としています。
*2 5つのチェック項目の頭文字をつなげたものである。
  A-DROPスコア    
    Age(年齢)・・・男性70歳以上、女性75歳以上
    Dehydratuon(脱水)・・・BUN21mg/dL以上または脱水あり
    Respiration(酸素飽和度)・・・SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
    Orientation(意識障害)・・・意識障害あり
    Pressure(収縮期血圧)・・・収縮期血圧90mmHg以下
      
    ※1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点(5点満点)
    軽症   :上記指標のいずれも該当しないもの
    中等度 :上記指標の1つまたは2つ該当するもの
    重症   :上記指標の3つ該当するもの
    超重症 :上記指標の4つまたは5つ該当するもの(ただしショックがあれば1項目のみでも超重症とする)
    不明   :重症度分類の各因子が1つでも不明な場合
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 49 14.5 56.4
中等症 96 19.5 66.3
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎はわが国の死因の第3位を占めており、高齢者での死亡が増加しています。当院は特定機能病院であるため、合併症を抱えた患者さんや重症な患者さんに対して他科と共同して高度な医療を提供することが可能です。前年度と比較し入院患者は増加傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表示しています。

ICD10とは、International Statistical Classification of Diseases Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際疾病分類)のことで、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 41 23.8 61.3 29.3%
その他 23 16.3 64.3 13.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 49 12.0 70.0 6.1%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 41 11.0 31.5 2.4%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では、脳梗塞について以下の診療科で診療を行っています。

腎・高血圧・脳血管内科では、脳梗塞急性期の患者さんに対しては、血栓溶解療法(rt-PA静注療法やカテーテルによる血栓除去治療)で対応するとともに、全身管理(呼吸循環管理)・リスク管理を行い症状の軽減に努め、リハビリテーション治療を速やかに開始します。脳血管狭窄を有する患者さんに対しては、適切な検査を行うことで適切な治療法を選択し、脳梗塞発症の予防を行っています。

神経内科は体の免疫システムが神経系に障害を与えて起こる神経免疫疾患の診療を得意としています。そのため中枢神経の脱髄疾患である多発性硬化症や視神経脊髄炎、末梢神経の脱髄疾患である免疫介在性・炎症性ニューロパチー(慢性炎症性脱髄性多発神経炎など)、脳炎などの入院患者さんが多くなっており、これらの患者さんに対して免疫グロブリン大量療法や血漿交換といった免疫療法や生物学的製剤による治療を行っています。また診断の難しい、神経障害が徐々に進行する難病についても、入院の上で詳しい検査を行い、診断の上適切な治療を導入しています。

脳神経外科は脳卒中専門医、脳血管内治療専門医が多数在籍しており、急性期脳梗塞に対する血管内治療を積極的に行なっています。また、九州大学脳神経外科は、歴史的にもやもや病の厚生労働省研究班において中心的な役割を果たしてきており、平成28年度にもやもや病専門外来を開設し、各患者にあった治療を積極的に行なっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科別に手術件数の多い順に、手術術式(Kコード)、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢、解説を表示しています。
◇同じ日に複数の手術を行った場合は、主たる(点数の高い)手術のみを集計しています。
◇術前日数は入院日から手術日まで(手術当日は含まない)、術後日数は手術日から(手術当日は含まない)退院日までをカウントしています。
血液・腫瘍・心血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 42 3.7 2.1 0.0% 62.7
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 39 1.9 2.5 0.0% 71.2
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 21 2.6 2.2 0.0% 52.7
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 2.6 2.0 12.5% 71.0
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺・心外膜アプローチ)
足の付け根の静脈から細い電極カテーテルを心臓内に挿入し、不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る(焼灼:アブレーション)治療法です。不整脈の種類にもよりますが、治療時間は2時間から4時間程です。

経皮的冠動脈ステント留置術 
手首や足の付根の動脈からカテーテル(細い管)を心臓の表面にある冠動脈(心臓を養う動脈)まで挿入し、狭くなった箇所を細いバルーンで拡張し、金属性の編み目状の筒(ステント)を血管の内側から支えとして留置します。

四肢の血管拡張術、血栓除去術
下肢の動脈が狭くなると、足が冷たくなったり、歩くと足が痛くなります。上肢の動脈が狭くなると手が疲れやすくなります。動脈からカテーテルを挿入し、狭くなった箇所を細いバルーンで拡張し、金属性の編み目状の筒(ステント)を血管の内側から支えとして留置します。

同種骨髄・同種末梢血幹細胞移植 
通常の化学療法だけでは治すことが難しい血液腫瘍などに対して、完治を目指して行う治療です。大量の化学療法や放射線治療などからなる移植前処置のあとに、ドナーから採取した造血幹細胞を点滴で投与します。移植前治療による腫瘍細胞の減少に加えて、ドナーのリンパ球が患者さんの腫瘍細胞を攻撃する抗腫瘍効果も期待できます。
免疫・膠原病・感染症内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 15 1.7 3.1 6.7% 70.3
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 15 4.8 3.1 6.7% 61.9
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 8.8 9.0 0.0% 51.6
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
経皮的冠動脈ステント留置術
手首や足の付根の動脈からカテーテル(細い管)を心臓の表面にある冠動脈(心臓を養う動脈)まで挿入し、狭くなった箇所を細いバルーンで拡張し、金属性の編み目状の筒(ステント)を血管の内側から支えとして留置します。心血管グループで治療を行っています。

経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺・心外膜アプローチ)
足の付け根の静脈から細い電極カテーテルを心臓内に挿入し、不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る(焼灼:アブレーション)治療法です。不整脈の種類にもよりますが、治療時間は2時間から4時間程です。心血管グループで治療を行っています。

抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頚部その他)
腫瘍グループでは、切除不能・再発食道癌、胃癌、大腸癌に対して、抗がん剤治療や分子標的治療を積極的に行っています。一部の患者さんでは、血管内に刺した細い管(カテーテル)を皮下に留置(リバーバーとも呼ばれます)しておき、必要なときに対外から接続して薬剤などを投与できるするようにしています。リバーバーは埋め込み型のため、通常の日常生活が送れることと、抗がん剤を投与する機会が多い方や静脈が細く注射の難しい方、薬剤の投与時間が長い方方などに外来で治療が行うことができるなどの利点があります。

造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植)
末梢血幹細胞移植(自家移植)は、通常の化学療法だけでは治すことが難しい血液腫瘍などに対して、完治を目指して行う治療です。大量の化学療法や放射線治療などからなる移植前処置のあとに、前もって自分から採取(末梢血幹細胞採取と呼びます)し、保存しておいた造血幹細胞を点滴で投与します。化学療法や放射線治療が効きやすい腫瘍が治療の対象になります。血液グループで治療を行っています。

レミケード(インフリキシマブ)
レミケードは、関節リウマチ、ベーチェット病などに対して使用される治療です。レミケードはTNFαという炎症反応に関与する生体内物質の働きを抗体によって抑える抗体製剤で、生物製剤の1つです。通常、点滴注射で投与します。
消化管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 237 2.0 2.6 0.4% 63.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 96 5.7 10.0 1.0% 70.8
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 40 2.6 3.1 2.5% 62.3
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 33 6.8 7.8 0.0% 61.3
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 29 8.4 10.3 0.0% 69.6
内視鏡的粘膜切除術:食道から大腸までのすべての消化管に発生した平坦な形をしたポリープや早期癌を切除する内視鏡手術です。手技としては消化管の壁(粘膜下層)に生理食塩水を注入し、腫瘍部分を盛り上げた後に、スネアと呼ばれる通電可能な金属の輪を用いて腫瘍を切除する方法です。ただし、この方法はスネアを用いるため、一度に切除可能な腫瘍の大きさに制限があります。

粘膜下層剥離術:食道・胃・十二指腸・大腸に発生した主に早期癌を切除する内視鏡手術です。この方法は、内視鏡的粘膜切除術と異なり、スネアではなく通電可能な様々な切除器具(ナイフ)を用いる方法です。消化管の壁(粘膜下層)に生理食塩水などを注入し、腫瘍部分を盛り上げながら粘膜下層部分を切除器具で剥離していくため、理論上は一度に切除可能な腫瘍の大きさに制限がありません。
腎・高血圧・脳血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 48 9.4 16.2 6.3% 58.1
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 9.6 5.9 0.0% 64.8
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 11.6 17.3 0.0% 60.2
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法
内シャント作成術: 進行した慢性腎臓病を患い血液透析療法を必要とされる方に、透析のための十分な血流量を透析器に送り込むために、通常前腕の動脈と静脈をつなぎ合わせて静脈に動脈の血液を流すことにより血流量を増やして、穿刺しやすく、止血しやすい血管を造ることを目的としています。

腹膜透析カテーテルを腹腔内に設置する手術: 進行した慢性腎臓病を患い腹膜透析療法を必要とされる方に、ご自身のお腹の中に透析液を注入したり、体内の老廃物が含まれた透析液を体の外に排出するためのカテーテルを腹腔内に留置します。
内分泌代謝・糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 23 4.9 5.0 0.0% 70.6
K754-2 腹腔鏡下副腎摘出術 19 2.3 15.5 0.0% 55.0
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
当科で診断する副腎腫瘍、甲状腺・副甲状腺腫瘍、下垂体腫瘍の中には、手術が必要な場合があります。その場合には泌尿器科、外科、耳鼻咽喉科、脳神経外科と連携し治療を行っています。副腎腫瘍は腹腔鏡下副腎切除術、下垂体腫瘍に対しては内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術を施行されます。

糖尿病では、膵臓癌、肝臓癌、大腸癌、乳癌などの悪性腫瘍を高率に合併します。当科では合併する胃や大腸の早期の腫瘍性病変に対して内視鏡的治療を行っています。内視鏡治療の種類として、比較的大きな範囲の腫瘍を切除する内視鏡的粘膜切開剥離術(ESD)、通常2cm未満の病変を切除する内視鏡的粘膜切開術(EMR)を行っております。
肝臓・膵臓・胆道内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 6.1 14.2 4.5% 66.2
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 59 6.4 13.4 0.0% 70.4
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 21 6.0 9.4 0.0% 63.0
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 17 6.8 12.5 0.0% 71.5
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 11 4.5 5.6 0.0% 67.7
内視鏡的乳頭切開術は、主膵管(膵液の流れ道)と胆管(胆汁の流れ道)の共通の出口である十二指腸主乳頭を内視鏡を用いて切開する治療方法です。引き続き、総胆管結石を除去する治療(総胆管結石除去術)や胆汁・膵液の流れを良くする治療(内視鏡的胆道ドレナージ、胆管ステント留置術、膵管ステント留置術)を行います。膵炎や出血などの合併症もあるため、適切な術前術後管理が重要となります。

選択的肝動脈化学塞栓術は、肝細胞癌がとても血流が豊富な腫瘍であることを性質を利用して、行われる治療法です。癌に血液を供給する血管に治療薬を注入し、その後ゼラチンや樹脂ビーズを血管に詰めて血流を遮断します。ラジオ波焼灼術などの補助療法として、あるいは複数の病変を一度に治療することが可能な方法です。

内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)は、何らかの原因で胆管(胆汁の流れ道)が閉塞して生じる黄疸に対する治療法です。内視鏡を用いて、胆管にうっ滞した胆汁をドレナージする管を挿入します。その管を鼻を通して体外に出し、結果的に胆汁を体外にドレナージする方法です。胆汁の性状を継続的に観察し、胆汁を検査できることが利点であり、当科では特に胆汁中の胆管がんの細胞を検出する目的で行っております。

超音波内視鏡(EUS)下穿刺吸引法(EUS-FNA)は、EUSを用いて対象物を描出し、胃や十二指腸を通して針を刺すことで、細胞や組織を採取する方法です。膵癌などの膵腫瘍、自己免疫性膵炎、癌のリンパ節転移の診断、などに有用であり、当科では非常に多くの患者さんに施行しています。更にEUS-FNAの手技を応用して、膵周囲の液体貯留や閉塞性黄疸に対する治療(ドレナージ)を行うことが可能となり、超音波内視鏡下瘻孔形成術と呼ばれます。

ラジオ波焼灼術(RFA)とは、肝細胞癌に対する内科的な治療法の一つです。腹部超音波検査で観察しながら、皮膚から体内にRFAの電極針を刺入し、肝臓の病変部に直接針を穿刺して針周囲に熱を発生させ、癌を凝固させて治療します。外科的肝切除術と異なって皮膚に手術創が残ったり、著しく肝機能が障害されたりすることがない比較的侵襲性の低い治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 185 1.9 3.3 3.2% 62.0
K570-3 経皮的肺動脈形成術 98 1.9 2.5 0.0% 62.3
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 87 3.2 4.1 4.6% 71.1
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 64 2.0 3.5 4.7% 57.5
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 32 3.8 2.8 2.8% 48.2
①不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション治療)は、心房細動と心房頻拍などの頻脈性不整脈の発生源となっている心筋細胞を高周波の通電によって焼灼し、不整脈を根治する治療です。多くは鼠径部と頚部の静脈からカテーテルを心臓まで挿入し、1〜3時間程度で不整脈の発生源を診断し、複数回の通電で不整脈が発生しなくなることを確認します。循環器内科では不整脈グループが担当します。

②経皮的肺動脈形成術は、肺高血圧の一種である慢性血栓閉塞性肺高血圧症に対するカテーテル治療です。頚部の静脈からカテーテルを肺動脈まで挿入し、2〜3時間程度かけて血栓で狭窄・閉塞した肺動脈をバルーンで拡張します。循環器内科では肺高血圧グループが担当します。

③経皮的冠動脈ステント留置術は、狭心症、無症候性心筋虚血、急性心筋梗塞などの虚血性冠動脈疾患に対するカテーテルインターベンション治療(PCI)です。橈骨動脈(手首の動脈)または鼠径部の動脈からカテーテルを冠動脈まで挿入し、冠動脈造影検査を行ったうえで、1〜2時間程度でバルーンによる拡張、ロータブレーターによる石灰病変の除去などと組み合わせて、冠動脈にステントを留置して狭窄・閉塞していた冠動脈を拡張します。循環器内科では虚血グループが担当します。

④経皮的心房中隔欠損閉鎖術は、先天性心疾患である心房中隔欠損症に対するカテーテル治療です。鼠径部の静脈からカテーテルを心臓まで挿入し、透視と経食道心エコーで観察しながら閉鎖治療器具(AMPLATZER™ Septal Occluder)を留置し、心房中隔欠損を閉鎖します。循環器内科では成人先天性心疾患グループが担当します。

⑤経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)は、大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療です。大腿動脈からカテーテルを心臓まで挿入し、透視と経食道心エコーで観察しながらステント型の人工弁を留置します。手術はカテーテル治療専門医、心臓外科専門医、心エコー専門医、心臓麻酔専門医とコメディカルからなるチームで実施します。循環器内科では構造的心疾患グループが担当します。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 12 12.8 12.6 0.0% 75.8
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
血管塞栓術
肝細胞癌に対して行われる肝動脈塞栓療法です。血管造影検査を行い、癌に栄養を運んでいる血管(肝動脈)を人工的に塞ぎ、癌を兵糧攻めにする治療です。足の付け根からカテーテルを挿入し、肝細胞癌に栄養を運んでいる肝動脈を見つけて、カテーテルから抗癌剤を注入します。また、その肝動脈に塞栓物質を注入することで治療効果があがります。放射線科で行われます。

内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術
肝硬変症に合併した胃・食道静脈瘤に対する治療です。内視鏡室で行われ、胃カメラを挿入し、静脈瘤を輪ゴムで止めて出血しないようにします。外科、消化管内科で行われます。

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術:大腸カメラでポリープを切除する方法です。内視鏡でポリープを確認し、根元に生理食塩水などを注入してポリープを浮き上がらせます。その後スネアをかけてしめつけ、通電して切除します。消化管内科で行われます。

リンパ節摘出術
腫大したリンパ節の原因を調べるために、手術でリンパ節を摘出し、悪性腫瘍(悪性リンパ腫や転移性腫瘍等)や感染症(結核性リンパ節炎等)の有無を確認します。摘出するリンパ節の場所によって局所麻酔か全身麻酔を行うかを決めます。外科、耳鼻咽喉科、皮膚科で行われます。

網膜光凝固術
網膜光凝固術:主に糖尿病性網膜症の進行を抑制するために行われるレーザー治療です。眼科で行われます。
産科婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 90 3.6 19.1 0.0% 50.0
K867 子宮頸部(腟部)切除術 83 1.8 4.7 2.4% 48.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 73 1.9 5.2 1.4% 42.6
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 49 2.8 16.2 0.0% 58.4
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 39 2.4 7.1 0.0% 50.6
子宮頸がん、子宮体がんの手術
子宮頸がん、子宮体がんは通常開腹で手術を行います。子宮の摘出方法は単純子宮全摘出術や広汎子宮全摘出術などがあります。両側の卵巣・卵管、リンパ節も摘出することが一般的ですが、病状や年齢によっては縮小手術を行う場合や卵巣を残せる場合もあります。早期の子宮体がんに対しては腹腔鏡を用いた低侵襲手術も行っています。また先進医療として子宮頸がんに対する腹腔鏡手術も行っています。

子宮頸部円錐切除術
子宮頸がんならびにその前がん病変の診断・治療目的に円錐切除術を行います。通常術後数日で退院可能で、約1週間の入院が必要です。円錐切除術後に子宮摘出術など追加の手術が必要になる場合もあります。

良性卵巣摘出術
良性卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡を用いた低侵襲手術を多く行っています。若い患者さんの場合は腫瘍部分のみを摘出し正常卵巣を残せることが多く、その場合は将来の妊娠が可能です。通常術後数日で退院可能で、約1週間の入院が必要です。

卵巣がんの手術
卵巣がんに対しては開腹術を行います。手術では子宮、両側の卵巣・卵管、リンパ節、大網を摘出します。病状、年齢によっては子宮と片側の卵巣・卵管を残せる場合もあります。手術のみで治療終了する場合もありますが、多くは術後に抗がん剤治療を行います。抗がん剤治療まで行った場合、3-4週間の入院が必要です。

腹腔鏡下腟式子宮全摘術
子宮筋腫などの良性疾患で子宮の摘出が必要な場合、大きいものでなければ腹腔鏡下子宮全摘出術を行います。開腹術に比べ傷が小さく、術後の回復も早いため、約1週間の入院期間で治療が可能です。
総合周産期母子医療センター(母性胎児)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 100 8.5 5.7 0.0% 33.6
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 40 3.8 5.3 0.0% 33.0
K851-2 外陰・腟血腫除去術 - - - - -
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
手術は1)緊急帝王切開分娩)選択的帝王切開分娩(予定の帝王切開)が最も多く、その他、3)外陰、腟血腫除去術、頸管無力症に対する4)子宮頸管縫縮術、5)血管塞栓術に対応しています。

1)帝王切開に関しては、総合周産期母子医療センターの特性上、母体及び胎児のハイリスク妊娠症例への対応が主となっており、分娩の約半数は帝王切開分娩となっています。緊急帝王切開は24時間対応可能です。

2) 帝王切開に関しては、総合周産期母子医療センターの特性上、母体及び胎児のハイリスク妊娠症例への対応が主となっており、分娩の約半数は帝王切開分娩となっています。

3)腟外陰血腫に血腫除去術を行っています。他院で分娩された方の腟外陰血腫にも対応しており、術後の状態が良好な場合は、お産をした施設へお戻りいただけます。

4)子宮頸管縫縮術には治療的頸管縫縮と予防的頸管縫縮があり、いずれも行っています。子宮口が開き、胎胞が露見したり、突出したりする症例に対しては、感染徴候や子宮収縮の状態を確認し、治療的頸管縫縮術を行っております。

5)他院で分娩された方の産褥異常出血に対しても対応しており、弛緩出血や子宮仮性動脈瘤破裂等に対する血管塞栓術(当院放射線科医により施行)を行っています。他院で分娩された方にも対応しており、術後の状態が良好な場合は、お産をした施設へお戻りいただけます。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 13 1.0 1.5 0.0% 6.4
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 12 1.3 1.3 0.0% 4.6
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) - - - - -
経皮的肺動脈形成術は肺の動脈をカテーテル治療で広げる手術です。様々な先天性心疾患の経過中に肺動脈の狭窄が進行し、酸素飽和度が低下し、日常生活で制限を受けます。血管内でカテーテルを操作し、肺動脈の狭窄部位で適切なサイズのバルーンを膨らませることで狭窄した肺動脈を広げることができます。

血管塞栓術は先天性チアノーゼ型心疾患の経過中に出現した側副血行路を塞ぐために行う手術です。チアノーゼが出現している場合には、肺血流を増やすための生理的な反応として大動脈と肺動脈の間に側副血行路が発達しますが、心内修復を行う根治術の際には術後の心不全の原因になりうるため、根治術前に金属コイルを用いた塞栓術を行います。

連続携行式腹膜灌流は小児でよく行われる腎代替療法です。手術で腹腔内に留置したカテーテルから透析液を投与すると、腹膜を介して血液中の老廃物や尿毒素と体内の余分な水分が透析液中に移動します。透析液の交換は必要ですが、夜間睡眠中に機械を使用して自動的に腹膜透析を行うことが可能です。カテーテルの閉塞や腹膜炎など合併症もあり行える施設は限られています。

造血幹細胞採取は自己の造血幹細胞を採取する手術です。小児がんの治療のために抗がん剤を大量に使用する治療がありますが、骨髄への副作用が強く、造血能が回復できません。そのため事前に自分から造血の元となる造血幹細胞を採取しておいて、大量化学療法の投与と組み合わせることで、治療抵抗生の小児がんの治療選択としています。

経皮的カテーテル心筋焼灼術はアブレーションとも呼ばれ難治性不整脈に対して行われる手術です。血管を通して心臓内まで電極のついたカテーテルを入れ、不整脈の発生源を高周波という電気を用い60℃程度に熱することで焼灼し不整脈を根治する治療法です。WPW症候群という頻脈性不整脈では心房と心室の間に副伝導路があり、その回路を焼灼することで根治治療が可能です。
総合周産期母子医療センター(新生児内科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 50 0.0 26.5 4.0% 0.0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 19 0.0 69.3 15.8% 0.0
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
お母さんのお腹から出てきた赤ちゃんが、生きるためにまず必要なことは、呼吸をすることです。早く生まれた赤ちゃんや出生後に呼吸が弱くなる可能性がある赤ちゃんに対して、出生後速やかに皮膚刺激、気道確保を行い呼吸を促します。これらの処置を行った後も呼吸が弱い赤ちゃんに対しては、口鼻にマスクを当てて人工呼吸を行うことがあります。

新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
新生児仮死蘇生術(仮死第1度)の処置を行った後も、呼吸が弱く持続的な人工呼吸が必要な赤ちゃんに対して、気管挿管を行い人工呼吸を継続します。

動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下))
動脈管とはお母さんのお腹の中では必要ですが、出生後は自然に閉鎖する血管です。開存することで体を流れる血液が肺へ流れ、うっ血性心不全を発症します。この手術では、心臓血管外科医が開胸して動脈管を糸あるいはクリップで結紮するものです。

肺動脈絞扼術
生まれつき形態に異常がある心臓の中で肺へ血液が多く流れるタイプでは、全身の血液が不足してうっ血性心不全を発症します。この手術は、開胸して肺動脈をバンドで絞扼して肺血流を減少させます。人工心肺による開心術は必要ありません。
外科(消化管外科(1)、胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科、呼吸器外科(1)、乳腺外科(1)、内分泌外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 78 1.2 5.9 7.7% 71.2
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 53 1.9 5.0 5.7% 58.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 6.0 12.1 4.2% 67.7
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 46 2.6 8.0 0.0% 60.5
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 40 3.5 9.6 2.5% 67.3
胆管結石による胆管炎や胆管がん・膵がんなどが原因の胆管狭窄による黄疸や肝機能障害がみられる場合に内視鏡を用いて胆道ドレナージを行うことがあります。内視鏡下胆道ドレナージは本来流れていく十二指腸へ胆汁を通す処置で、狭くなった胆管にステントを通し、胆汁の流れを確保します。

乳癌の手術に対しては、病状により乳腺(乳房)は②部分切除または④(全)切除、腋窩リンパ節はセンチネルリンパ節生検または腋窩リンパ節郭清をそれぞれ選択することになります。②乳腺部分切除+センチネルリンパ節生検(K4762)の場合、腋窩部にドレーンをいれることがありませんので入院期間は約7日間と短くなります。

当科では、90%以上の結腸癌・直腸癌の患者さんに対して腹腔鏡手術を行っております。早期癌のみならず進行癌に対しても、また難易度がより高いとされる直腸癌に対しても安全で確実な手術を心がけて行っております。更に、炎症性腸疾患などの良性疾患においても積極的に腹腔鏡手術を導入しております。

当科では、ほぼすべての胃癌に対して腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)を行っております。日本でもいち早く腹腔鏡下胃切除術を導入し、早期癌のみならず進行癌に対しても、また難易度がより高いとされる噴門側胃切除(胃の口側1/2切除)や胃全摘術に対しても安全で確実な手術を心がけて行っております。

生体腎移植はドナー、レシピエント双方の安全性が求められます。当科ではドナーの手術は全例で腹腔鏡手術を行っています。これにより術後の回復が早く入院期間は約7日間となっています。レシピエントに関しては、豊富な経験に基づいた安全な手術、そして移植腎の長期生着を目指した確実な手術を心掛けています。緊急での脳死/心停止下での移植にも迅速に対応いたします。より難度が高い膵腎同時移植も熟練したスタッフにより安全に行っております。
外科(消化管外科(2)、肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科、呼吸器外科(2)、乳腺外科(2)、血管外科)
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 88 3.0 8.7 3.4% 70.6
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 49 3.1 7.3 2.0% 56.6
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 47 7.0 11.5 14.9% 70.1
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 45 1.7 6.8 2.2% 57.6
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 43 5.9 28.9 30.2% 64.5
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
早期肺癌に対しては、胸腔鏡というカメラを使った傷が小さく侵襲の少ない、胸腔鏡下肺葉切除術を主に行っています。これは、脇の下あたりに約4cmの傷1つ、約2cmの傷3つをつけ、棒状のカメラや特殊な器械を使い、モニターを見ながら手術を行うものです。肺癌に対して最も勧められる手術は、肺葉切除という手術です。右肺ならば上葉、中葉、下葉の3つうち、癌ができた肺葉を1つ、左肺ならば上葉、下葉のどちらか1つを切除し、周囲のリンパ組織を摘出します。転移性肺腫瘍に対しては、同様にカメラを使った手術を行いますが、腫瘍の周りを小さく切る部分切除を主に行っています。

内視鏡的胆道ステント留置術
当科においては肝移植数が700例を超え、現在は年間の肝移植数が50〜60例を超え、多くの患者さんを治療しています。一方で主に生体肝移植では胆管という消化液が流れる管を移植する肝臓で吻合する必要がありますが、非常にデリケートであるため、術後の晩期合併症として胆管狭窄というものがあります。結果的に狭窄した胆管にステントを入れる治療が必要であり。内視鏡的に胆管にステントを入れる治療を多く施行しています。

腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
結腸悪性腫瘍、直腸悪性腫瘍のことを一般的には大腸がんと呼びます。大腸がんは男性のがん死亡率の第3位、女性のがん死亡率の第1位、罹患率では男女合計で第1位です。当科では9割近い大腸がん手術を腹腔鏡を使った方法で行っています。腹腔鏡手術はお腹に小さな孔をあけて手術を行う方法で、開腹手術と比べて。傷が小さい、痛みが少ない、退院が早いなどの利点があります。手術の難易度は高いとされていますが、大学病院を含めた専門病院では積極的にこの腹腔鏡手術を行っています。症例数は結腸手術のみとなっていますが、直腸に関しても同様に腹腔鏡手術を行っています。

乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))
乳がんの手術では癌組織を含めた周りの正常乳腺組織を同時に切除しますが、切除される正常乳腺組織の範囲は乳癌の大きさ、場所、広がり、病気の進行度などにより異なります(乳房切除術、乳房部分切除術)。最近では、臨床的に腋窩リンパ節に転移がないと考えられる早期の症例に対しては、センチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清省略も行っております。また2013年より保険適応となった乳房切除後の乳房再建も形成外科と協力し行っております。

胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作)
当科は、日本食道学会が認定した食道外科専門医認定施設であり、高難度な手術に積極的に取り組んでいます。手術は、食道外科専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医が担当します。食道癌手術は大きな侵襲を伴いますが、手術手技や周術期管理の進歩により、より安全に、患者さんにやさしく施行できるようになってきました。とくに鏡視下手術により、皮膚切開を小さくして侵襲を軽減することが可能となり、術後の回復が早くなりました。当科では、術式の改良を重ねつつ、現在では大部分の手術症例で、鏡視下手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)
人工関節置換術(膝)
人工関節置換術(肩)
291 2.2 22.4 47.1% 68.2
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(大腿)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(躯幹)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(上腕)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(下腿)
四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(前腕)
31 6.4 26.7 9.7% 59.1
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 3.1 25.9 44.8% 67.3
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(大腿)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(上腕)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(前腕)
28 1.3 10.7 0.0% 48.4
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 25 1.4 20.2 8.0% 26.9
人工関節置換術(股・膝・肩関節)
変形した各関節を金属およびポリエチレンからなる人工物で置換する手術であり、主に高齢の方で末期の変形性関節症に対して有用な手術です。劇的に関節の痛みを緩和することができ、早期の社会復帰が可能となります。人工関節では長期の耐用性が心配されますが、インプラントの進歩により大きく長期成績が改善しました。人工膝関節置換術では術後10-15年でも問題ない方が90-95%と安定した長期成績が報告されており、今後ますます手術数の増加が見込まれる方法です。

K0四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術
悪性軟部腫瘍は、筋肉や皮下組織などの軟部組織に発生する悪性腫瘍のことで、四肢・体幹部のさまざまな部位に発生し、軟部肉腫とも呼ばれます。軟部肉腫の標準治療は、腫瘍を周囲の正常組織で包んで切除する広範切除であり、手術による切除が、腫瘍を根治するためにはほぼ必須となります。軟部肉腫は、稀な疾患ですが、当科には肉腫を専門とする医師が複数人勤務しており、近隣のみならず遠方からも患者さんが紹介されてきますので、多くの手術を行っております。当科では、手術のみでなく、必要に応じて術前・術後化学療法を併用し、両者を組み合わせた集学的治療を実践しております。

脊椎固定術、椎弓切除・椎弓形成術
脊椎疾患に対する代表的な手術として、脊椎固定術、椎弓切除・椎弓形成術があります。脊椎固定術は主に背骨の中を通る脊髄神経の通り道が狭く、さらに背骨自体にも不安定性がある場合に神経の除圧を行うと同時に背骨をスクリュー等によって固定する手術方法です。椎弓切除術および椎弓形成術はいずれも脊髄神経の圧迫を解除するための手術方法です。いずれの手術においても、通常は術後数日で歩行が可能となり、
術後2-3週程度で退院あるいはリハビリ転院できるほどに回復します。

四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術
軟部腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍がありますが、本手術は良性軟部腫瘍に対する腫瘍切除術のことです。良性軟部腫瘍には、脂肪腫や血管腫などが含まれます。一般的に、診察所見や画像所見のみでは軟部腫瘍の良悪性は区別することが難しく、そのような場合には、生検といって、腫瘍の一部を採取して、病理検査で良悪性の診断を行います。軟部腫瘍は、良性と診断が確定もしくはその可能性が高ければ、手術を行わずに経過観察をされることもありますが、腫瘍が何らかの症状の原因となっていたり、外観上の理由などにより患者さんが切除を希望された場合には、腫瘍切除術を行っております。

関節鏡下靭帯断裂形成手術(十字靭帯)
前十字靱帯断裂に対しては、自家腱を用いた関節鏡を用い靱帯再建術を行います。早期のスポーツ復帰と続発する変形性関節症を予防することが目的です。自家腱としては、膝屈筋腱もしくは骨付き膝蓋腱を用いて良好な成績が得られています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 74 8.7 28.7 18.9% 54.9
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 18 5.3 12.9 0.0% 48.2
K1781 脳血管内手術(1箇所) 16 2.8 14.8 6.3% 61.3
K1742 水頭症手術(シャント手術) 14 6.9 12.6 28.6% 26.1
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 0.6 12.0 14.3% 65.4
頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
頭蓋内腫瘍に対しては開頭または内視鏡的に腫瘍を摘出します。腫瘍摘出は診断確定や、周囲の脳への圧迫を解除することで症状を緩和すること、さらには神経膠腫では予後の改善に寄与します。良性腫瘍を除いて、摘出標本による病理学的確定診断をもとに術後は放射線や化学療法を行うことが一般的です。

内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍)
頭蓋底に生じる腫瘍には内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術を選択することがあり、代表的なものとして下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫があげられます。鼻腔より頭蓋底の骨を削り、直接腫瘍にアプローチするもので、周囲の脳や神経へ負担を減らすことが期待されます。近年の機器の発達により、内視鏡手術は適応疾患を広げております。当科では3D内視鏡を用いた治療を行なっています。

脳血管内手術
脳血管内治療は、主に足の付け根にある血管から“カテーテル”と呼ばれる細い管を挿入して脳脊髄に発生した血管の病気を治療するものです。血管内治療の対象となる代表的な疾患として脳動脈瘤、内頚動脈狭窄症や血管奇形があります。さらに当科では脳血管内治療と外科手術を融合させたハイブリッド治療により困難な治療にも取り組んでいます。

水頭症手術(シャント手術)
脳脊髄液の循環•吸収が悪くなることで、脳室が大きくなる水頭症に対して水頭症手術を行います。脳腫瘍や脳卒中に伴うものから、明らかな原因が不明で高齢者に多い特発性正常圧水頭症まで様々な原因があります。疾患によっては脳室鏡下に第四脳室底開窓を選択することがあります。

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
慢性硬膜下血腫とは脳を包む硬膜とくも膜との間に血液が貯留し被膜を形成した状態で、血腫が徐々に拡大し、脳を圧迫することで頭痛や様々な神経症状を引き起こします。慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は頭蓋骨に小さな穴を穿ち、血腫を洗浄除去することで、脳の圧排を軽減する事ができます。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 52 4.3 18.9 32.7% 67.6
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 30 5.2 14.2 36.7% 83.2
K597-2 ペースメーカー交換術 28 2.3 7.0 3.6% 74.1
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 25 5.1 17.1 32.0% 69.4
K555-21 経カテーテル大動脈弁置換術(経心尖大動脈弁置換術) 19 4.2 15.7 42.1% 86.2
弁置換術(1弁)
心臓弁膜症に対する手術は、人工弁置換術を行います。人工弁には機械弁と生体弁の2種類があり、各々メリット、デメリットが存在しますが、患者さんの状態に合わせて使用する弁を選択しています。一般に10-20日間前後の入院を必要としていますが、身体への負担が少ないように、手術の低侵襲化にも積極的に取り組み、小切開・小開胸手術も導入しています。

ペースメーカー交換術
永久式ペースメーカーは、洞不全症候群や完全房室ブロック、徐脈性心房細動といった脈が遅くなる不整脈をもった患者さんに必要となります。これまでにペースメーカーを植え込まれた患者さんでは、その作動状況により電池を消耗していくため、ある時期になると電池交換(本体交換)を行わなければなりません。手術は局所麻酔で行われ、通常1時間以内で手術を終了します。入院期間も1週間程度で退院となります。

経カテーテル的大動脈弁置換術
従来の人工弁置換術と比べて、身体への負担が少ないことから、早期の回復が期待できると考えられています。これまでは、高齢であるという理由や、合併症の存在により手術に伴う危険性が高いという理由で、手術の対象外となっていた患者さんにも治療が可能となりました。一般に7-10日間前後の入院を必要としています。

先天性心疾患手術
先天性心疾患は、出生児の1%に発症し、多くの場合手術治療を必要とします。手術時期は疾患により異なりますが、新生児・乳児期に行う手術が60-70%になります。手術回数も1回で終了する場合と段階的に複数回かけて計画的に治療を行っていく場合があります。心臓手術は、人工心肺を用いて心臓内操作を行うことが殆どですが、人工心肺を用いずに行う姑息術もあります。

胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術・ステントグラフト手術
大動脈瘤は高齢者に多い疾患です。80歳以上の方にも手術が必要となることも稀ではありません。身体への負担が少ない治療法として、ステントグラフト手術があり、胸部では約半数、腹部では約8割の方に行っています。この手術は、約3cm程度の傷のみで行うため、回復までの時間も早く、1週間で退院する方がほとんどです。
小児外科、成育外科、小腸移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 48 1.1 1.0 0.0% 2.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.0 1.0 0.0% 3.2
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 21 0.0 1.4 0.0% 1.5
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 20 0.4 5.1 0.0% 9.1
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 19 1.3 2.9 0.0% 6.5
鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
ソケイヘルニアは主に乳児期にソケイ部が膨隆することで発見されますが、小学生、中学生になってはじめて気がつく場合もあります。治療は原則手術が必要であり、当院では男児では主にソケイ部切開によるソケイヘルニア根治術を、女児では腹腔鏡下ソケイヘルニア根治術を選択しています。どちらも2泊3日の短期入院での治療をおこないます。

腸重積症整復術(非観血的)
腸重積症は主に乳幼児にみられ、血便、繰り返す腹痛などでみつかることが多く、腸管の中に別の腸がはまりこんでいる状態です。血流障害をおこすため、いそいで戻す(整復)必要がありますが、多くの場合は肛門から造影剤(もしくは空気)で圧をかけて戻すことができます。それでも戻らない場合は、開腹して用手的に押し戻しますが、腸管切除が必要になる場合があります。

腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
急性虫垂炎(いわゆる盲腸)は、小学生、中学生に多くみられますが、3歳くらいの幼児期から発症する場合もあります。成人ほど右下腹部痛がはっきりしないことも多いため、症状がすすんでから治療となります。当科では、腹腔鏡手術を第1選択していますが、症状の進み具合により、緊急手術を行う場合と、一旦抗生剤治療で落ち着かせたのちに手術を行う待機的手術(interval appendectomy)を行う場合があります。

食道狭窄拡張術(拡張用バルーン)
食道閉鎖症は食道が途中で途絶している先天性疾患です。多くの症例で新生児がミルクが飲めないことで気づかれていましたが、最近は出生前に診断される症例もあります。下部食道が気道系と交通しているため、食道気管瘻の切離、食道食道吻合術が必要ですが、新生児期に一度に行う場合と、体が大きくなるのを待ち数回にわける場合があります。また、吻合した食道は狭窄しやすいので、食道拡張術を追加で行う必要があります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 13 4.0 8.7 15.4% 61.8
K0101 瘢痕拘縮形成手術(顔面) 11 1.1 4.5 9.1% 47.6
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) 11 1.1 5.0 0.0% 24.5
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 10 1.0 2.6 0.0% 47.1
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
リンパ管吻合術
停滞したリンパ液をリンパ管ではなく、静脈に流すことで浮腫が改善します。皮膚を15mm程度切開し、リンパ管と小さな静脈(1mm以下)を、顕微鏡下に吻合します。計4箇所ほど吻合します。

瘢痕拘縮形成手術(顔面)
当科の特徴として、耳鼻咽喉・頭頸部外科との合同手術で、頭頸部がんの再建手術を多く行っており、がんの治療が落ち着いた時期に修正手術を行うことで、より整容面の改善ができます。

眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む)
眼瞼結膜を切開し骨折部を確認します。眼球周囲の脂肪が骨折部から落ち込むことで、眼球の陥凹(眼球の位置のづれ)が生じているので、脂肪を元の位置に戻し、人工骨で落ち込みを防止します。CT検査を術後に行い確認します。

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)
皮膚、皮下に発生した良性腫瘍は整容面に配慮した摘出を行っています。術後病理検査に提出して良悪性の最終判断を行います。

瘢痕拘縮形成手術(その他)
瘢痕を切り取り、創に緊張がかからないように縫合し直します。創の方向を修正することで再発を予防することがあります。
先端医工学診療部
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K656-2 腹腔鏡下胃縮小術(スリーブ状切除) 41 3.0 6.1 0.0% 44.5
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K653-5 内視鏡的胃、十二指腸狭窄拡張術 - - - - -
本手術は、胃の外側部分を2/3ほど切り取り、バナナ1本分ほどの細長い形状にする治療法です。手術は腹腔鏡下で行うため、小さな傷で、通常2時間ほどで終了します。手術後は胃が小さく細くなり食べた物を貯留する能力が低下します。同時に食欲を増進させるホルモンを分泌する胃の外側部分を切除することにより食欲が低下し、食物の嗜好が変わります。結果、著明な体重減少とともに糖尿病など肥満に伴う様々な合併症が高率に改善・治癒します。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 90 1.2 8.6 1.1% 70.8
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 36 0.6 1.8 0.0% 35.6
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 25 1.0 4.2 0.0% 37.6
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 21 1.2 1.7 0.0% 20.3
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 16 0.9 2.7 0.0% 38.1
皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)は悪性黒色腫、有棘細胞癌、ボーエン病、基底細胞癌、乳房外パジェット病など全ての皮膚悪性腫瘍の原発巣を切除する手術です。手術したあとの皮膚の欠損部は、局所皮弁や植皮で再建します。

リンパ節転移を伴う皮膚悪性腫瘍では、皮膚悪性腫瘍切除術(広範切除)によって原発巣の切除といっしょに、リンパ節郭清を行います。

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)は、顔面、頭部、頚部、前腕より先の上肢、下腿より先の下肢に発生した良性腫瘍を切除する手術です。

皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)は露出部以外に発生した良性腫瘍を切除する手術です。
泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 113 2.4 5.4 1.8% 72.1
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 89 2.9 10.7 0.0% 66.2
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 63 2.7 9.3 0.0% 56.3
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 56 4.4 10.6 5.4% 68.6
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 2.2 5.5 8.3% 63.4
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)
治療方法は患者さんの病期、年齢、合併症の有無などを総合的に判断して治療(手術)方針を決めます。また表在がんと浸潤がんでは治療法が大きく異なります。表在がんの場合は経尿道的膀胱腫瘍切除術を行います。浸潤性がんの場合には内視鏡的切除術では切除しきれませんので、(多臓器への転移がない場合は)膀胱を摘出する手術を行っています。

腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)
当科では、前立腺がんを専門に診療しています。疾患の状態に応じた最適の治療を患者さまと相談しながら決めていきます。手術になる場合は、体への負担の少ないロボット手術を積極的に行っています。また密封小線源治療も多く行っています。密封小線源治療とは放射線を出す小さな線源(カプセル)を前立腺内に挿入して埋め込み、前立腺の内部から放射線を照射する治療法です。

腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)
当科では腎がん治療にも力を入れております。中でも小径腎がんに対しては腎温存の為に積極的にロボット支援腎部分切除術(保険診療です)を行っております。また残念ながら部分切除術の適応とならない場合でも、ほとんどが腹腔鏡の手術により治療しています。ロボット手術、腹腔鏡手術共に小さい傷で手術が出来るので体の負担が少なく、通常1週間程度の入院期間です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 318 2.1 6.5 0.9% 68.3
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 183 2.5 8.5 1.1% 62.7
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 108 1.7 8.9 0.0% 58.6
K2683 緑内障手術(濾過手術) 70 2.0 16.5 0.0% 65.3
K284 硝子体置換術 53 1.0 6.1 0.0% 53.6
水晶体再建術は白内障に対して行う手術です。年齢や様々な薬剤の影響などで濁ってしまった水晶体(眼球内のレンズ)を取り除き、人工のレンズ(眼内レンズ)に入れかえます。通常は3ミリ以下の小さな切開創で手術可能です。眼内レンズの度数を変えることで、術後によく見える範囲(近く重視、遠く重視、遠近両用)を変えることができます。

硝子体茎顕微鏡下離断術は一般に硝子体手術と呼ばれています。網膜剥離や糖尿病網膜症、網膜前膜などの眼球内の疾患に対して行う手術です。眼球に3〜4箇所の小さな穴を開けて、その部分から細い手術器具を眼内に入れて手術を行います。手術後には眼球内に気体を入れることもあり、この場合には手術後の体位制限が必要となります。

緑内障手術(濾過手術)は大まかには線維柱帯切除術と呼ばれる手術です。眼球壁の一部を取り除くことで、眼球内の水分を眼外(結膜下)に導出し、眼圧を下げます。

強膜内陥術は裂孔原性網膜剥離に対して行われる手術です。裂孔原性網膜剥離では硝子体手術も選択されますが、若年者ではこちらの強膜内陥術を第一選択としています。眼球壁にシリコン製のバックル材料を縫い付け、眼球壁を内側に凹ませる手術です。手術後に乱視が強くなり、裸眼視力が低下する場合がありますが、数ヶ月で軽減します。基本的に術後の体位制限はありません。

眼瞼下垂症手術では眼瞼挙筋短縮術が多く行われています。この手術は、瞼を引き上げる筋肉である上眼瞼挙筋を縫い縮めることで瞼を上げるものです。年齢とともに筋肉が緩んでしまった場合にはこの術式の良い適応となります。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 59 1.3 5.3 0.0% 46.2
K328 人工内耳植込術 46 1.1 2.3 0.0% 10.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 2.9 5.4 0.0% 56.7
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 24 1.9 7.2 0.0% 34.7
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 24 2.3 6.9 0.0% 55.8
鼓室形成術
慢性中耳炎/真珠腫性中耳炎に対し行います。中耳炎により穴が開いた鼓膜や真珠種に破壊された中耳の微細な構造物を清掃し、可能なら鼓膜から内耳までをつなぎ直して聴力改善を図ります。鼓室形成手術は2-3時間の手術で、通常3-7日程度の入院を要します。

人工内耳植込術
補聴器の効果が不十分な高度感音難聴に行います。機能しなくなった内耳に電極を挿入し、本体を頭蓋骨に固定します。人工内耳植込術は2-3時間の手術で、通常3-5日程度の入院を要します。

内視鏡下鼻・副鼻腔手術
内服治療でも治らない慢性副鼻腔炎に対して鼻内より内視鏡で拡大して副鼻腔の入り口を大きく開けて鼻腔との通気を改善する手術を行います。通気の邪魔になっている鼻の粘膜腫脹(ポリープ)があれば同時に切除します。また副鼻腔にたまった膿や真菌塊も取り除きます。手術は、通常全身麻酔下で行われ経過がよければ1週間程度で退院となります。

口蓋扁桃摘出術
慢性扁桃炎、扁桃病巣感染症(IgA腎症、掌蹠膿疱症、胸肋鎖骨過形成症など)、小児の睡眠時無呼吸症候群に対して行います。全身麻酔下に経口的に両側口蓋扁桃を摘出します。通常の手術よりも術後出血のリスクが高いとされておりますので、術後1週間程度の安静をかねて経過観察入院を要します。

耳下腺腫瘍切除術
良性耳下腺腫瘍に対して主に行っている手術です。耳下腺の内部に顔面神経という表情筋を動かす神経が走行しており、その損傷により術後の顔面神経麻痺が問題となります。当科では、顔面神経刺激装置を使用して安全に治療が行えるように配慮しております。良性腫瘍であれば、術後1週間以内で退院が可能です。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 60 1.5 4.4 0.0% 65.3
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 43 7.2 6.5 2.3% 67.3
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 18 5.3 7.9 5.6% 66.2
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 18 3.3 11.2 0.0% 65.8
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 10 4.6 18.6 0.0% 71.6
内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術(EMR)
大腸ポリープにて対して、内視鏡を見ながらスネアを用いて粘膜層を切除し、病変を回収する治療です。径6mm~2cmの腺腫や早期大腸癌が適応となります。

腎細胞癌に対する凍結療法
腎細胞癌に対する凍結療法:腎細胞癌に対して刺入した針の先端部分を急速冷凍することで腫瘍細胞を凍結壊死させる治療で、CTガイド下に行います。傷は小さく、痛みもありません。入院日数も短期間で済み、高い治療効果が見込まれます。

血管塞栓術
血管塞栓術は、内臓動脈瘤や血管奇形、肝細胞癌、子宮筋腫、外傷性の出血などの病変に対して、血管内にカテーテルを挿入することで病変にアクセスし、塞栓物質を用いて治療を行います。外科的手術と比べると、低侵襲であるのが特徴です。

内視鏡的食道早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)
粘膜にとどまった早期の食道癌に対して、内視鏡を見ながら特殊なナイフを用いて内腔から粘膜を剥離する治療法です。従来の内視鏡的粘膜切開術(EMR)に比べると、より大きな病変にも治療可能です。

経皮的放射線治療用金属マーカー留置術
放射線治療を行う際に必要となる病変の目印となる金属マーカーを、CTや超音波検査を用いて留置する手技です。肺癌や肝癌に対する定位放射線治療が金属マーカー留置の適応となります。画像を見ながら施行するため、正確な位置に金属マーカーを留置することが可能です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
最も医療資源を投入した傷病名と入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別した各症例数の発生率を示しています。
・同一の症例とは、入院後発生した病名でないことを意味する。
・DICとは、播種性血管内凝固症候群のことである。

◇精神科病棟入院期間は対象外としています。
        
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.12%
異なる 13 0.06%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 196 0.90%
異なる 11 0.05%
このデータは、DPC対象で当院に入院した患者さんのうち、手術・術後の合併症のために入院した患者さんの割合を示したものです。当院は九州全域をカバーする専門性の高い診療体制であり、重い病気や臓器移植等の合併症を含んだ患者さんのフォローアップを積極的に行い、日常の生活に戻れる支援の更なる強化を図っています。
更新履歴